SKH

株式会社データ総研 データ総研のオンサイト教育
製品案内 DMBOK ITコンサルティングサービス ITコンサルティング事例 紹介セミナー 教育コース 技術情報 DRIブログ 会社概要
SKHレポート

SKH(Selected Know How)レポートとは、お客様の抱いている課題や問題点、あるいはコンサルティング現場での悩みをテーマに議論を重ね、ノウハウとしてまとめたものです。
1988年より年2回(6月/12月)、フォローサービス契約ご締結企業様にお届けしております。

また、一般の方にも1セット1万円(ご希望のSKHレポート5本)にて販売しておりますので、是非お問い合わせ下さい。

SKH-2013年下期発行分
245:聞き手に響くプレゼンテーションの話し方を上達させるコツ
246:データモデルの呼び名の混乱を収拾させる
247:ER/Studioの作図テクニック
248:IPFを基にした業務概要図の作成
249:IFRS導入における勘定科目コードの在り方
SKH-2013年上期発行分
240:データHUB構築の進め方
241:データ活用の発展におけるデータ仕様可視化の意義
242:現行踏襲型アプリケーション統合を前提としたデータ視点による要件の洗い出し方法
243:サービスにおけるコンポーネント配置の最適化
244:提案書作成要領
SKH-2012年上期発行分
236:コード流通範囲図について
237:マスタ構造を重視したパッケージ選定
238:データモデリングスキルレベルの設定と育成方法
239:共通マスタのデータ項目の整理方法について
SKH-2012年上期発行分
233:データ移行におけるデータ品質検証の視点
234:似て非なるものを可視化する
235:初級コンサルタントに必要な心構え
SKH-2011年下期発行分
229:DOAの本質を考える
230:EXCELを利用した簡便なデータ辞書の作り方
231:コード標準化に適用できるリファレンスデータ
232:BPMNにIPFの流儀を活かす
SKH-2011年上期発行分
224:現状データモデルにおける確認ポイント ―モデルの品質向上のために―
225:パッケージ導入におけるデータモデルの必要性
226:長期間運用された基幹系システムの再構築における要件定義工程の留意点
227:業務プロセス改善の視点
228:標準I/Fレイアウト設計の進め方
SKH-2010年下期発行分
220:Data Quality Management導入の薦め
221:値事例からのモデル検証資料について
222:開発プロジェクトとDA活動について
223:データモデル上でのシステム構成の表現方法とシステム構成の検討ポイント
SKH-2010年上期発行分
216:データ移行設計における留意点
217:メタデータ管理の世界標準ISO11179を考察する
218:維持管理すべき設計ドキュメントの考察
219:データガバナンスの進め方
SKH-2009年下期発行分
212:ITコスト可視化の重要性
213:データ定義の効率化
214:業務モデリング入門
215:保守ドキュメントの考察
SKH-2009年上期発行分
208:THデータモデルの意味論を考える
209:FP法でのHTデータモデルとIPFチャートの活用
210:会議ファシリテーターに必要なスキル(その1)~プロセスデザイン編
211:論理的思考の基礎の基礎
SKH-2008年下期発行分
204:EDH-アプリケーション横断の通信場
205:データモデルにおけるコンテクストの意味
206:データモデルから業務処理を読む
207:ビジネス・インテリジェンス(BI)モデルについての考察

SKH-2008年上期発行分

199:骨格モデル考察
200:データモデル部品で移行処理を定義する
201:情報システム導入時のベンダ選定成功のポイント
202:効率的な現状業務プロセス分析のためのチェックリスト
203:サブタイプコードのタイプ化

SKH-2007年下期発行分

194:保守支援中心の情報資源管理再考
195:保守プロセスで有効なリポジトリを考える
196:AsIsからToBeへのマスタデータ移行時の留意点
197:変化に強いデータ構造を設計するための汎用化テクニック
198:データモデリング問題集
SKH-2007年上期発行分
189:在庫ファイルの所属について
190:データモデルの種類
191:企業組織における概念DB構造基本パターンの進化
192:J-SOX法対応における文書化のポイント
193:再構築プロジェクトでのデータモデリングの体制
SKH-2006年下期発行分
184:契約ファイルの意味論
185:業務モデル図を使った要件定義
186:情報システム部門の社会的責任とDOA
187:コードセンタの立上げ準備と運営
188:IPFチャートの薦め
SKH-2006年上期発行分
179:DOAにおけるアプリケーション・プログラムの位置づけ
180:コード問題点整理表
181:一般的なコード統一対象
182:発注先選定における提案評価
183:EANコードの概要と企業内での管理実態
SKH-2005年下期発行分
174:リソース系識別コード体系の設計指針(その2)
175:従属属性主導のエンティティタイプとその意味
176:履歴データの設計
177:サブタイプによるデータ項目整理
178:概念IPFチャートと物理IPFチャート
SKH-2005年上期発行分
170:データモデル設計におけるアプローチの違いとその特徴
171:保守におけるデータモデルの活用
172:データモデリングの要諦
173:定義域設定のメリットとは
SKH-2004年発行分
161:データ管理の成功要因7つのポイント
162:加工データ定義
163:DOA社内教育カリキュラムと留意点
164:リベートのパターン研究 (製造業における法人向けリベート)
165:”企業会計のデータ構造について(2)−これからの経営管理データ構造−”
166:レガシーシステムのデータ管理実現について
167:概念ファイル名の命名ガイド
168:”取引先マスタのデータ整備−特に法人レコードに関する重複排除策について−”
169:データベース・アーキテクチャ設計ガイド
SKH-2003年発行分
152:広域情報連携における問題事例
153:原価計算のデータ構造パターン
154:リソース概念ファイル間の1対N関係についての考察
155:ERPパッケージ導入時の『データ整備』作業
156:プロセスコンポーネント
157:リソース系識別コード体系の設計指針
158:入出力仕様の共有に『データモデル部分図』
159:システム開発での概念モデル活用 −知識共有のために−
160:外部コードの特性 〜企業コード編〜
SKH-2002年発行分
142:企業(グループ)全体を対象としたリソース管理のためのデータモデリング
143:データモデルパターン部品集3
144:RosettaNetデータ構造概説
145:値の決定過程から見たデータ項目の性質に関する考察
146:”企業会計のデータ構造について(1)−財務会計の概観−”
147:THeRepositoryを活用したデータ項目名称の標準化
148:物理ファイルを元に主要概念ファイルの概要データモデルを効率よく作成する手順
149:複合的RKEYの参照先データ項目
150:トップダウン・アプローチによるデータ分析
151:企業活動における契約の構造を見る
SKH-2001年発行分
132:ERP導入時における問題点分析
133:ERP導入時におけるDOA手法の適用-SAP R/3を例にして-
134:SAP R/3に見る、データ構造汎用化のテクニック
135:データモデルパターン部品集1
136:システム保守のためのデータ分析
137:「情報資源管理に関するアンケート」のまとめ
138:データモデルパターン部品集2
139:『グローバルシステムにおけるマスタ管理の考察』
140:XMLタグ設計標準ガイド−階層化ルール編−
141:ERP導入の分析・設計工程におけるDOA手法の適用

SKH-2000年発行分

123:在庫データのモデリング
124:広域データ設計のノウハウ
125:顧客契約のデータ構造について
126:小売業の商品基本構造
127:DOAにおける物理DB設計の指針
128:THeRepositoryの紹介
129:DOAコンサルタントのプロジェクト計画キット
130:任意のキーで要約するモデル
131:モデルベースのコード設計手順
SKH-1999年発行分
112:情報システム開発におけるデータアドミニストレータの役割と進め方
113:THモデラー想定問答集
114:定義域に関する考察
115:計画系データモデルの考慮点
116:簿記会計データ序論〜帳簿組織(二重転記)〜
117:物理ファイルを素材にするデータ分析
118:管理対象化する基準は何か
119:データ項目説明の書き方
120:コンテクストについて
121:”メンテナンスできるPCデータベース作り(ファイルメーカーPro4.1版)”
122:ERPを導入する前に
SKH-1998年発行分
103:イベントを考える
104:『特殊コピーデータ』の再考
105:ERwinの賢い使い方
106:正規化ワークシートの提案
107:簿記会計データ序論〜帳簿組織〜
108:概念ファイルのKEYはどうあるべきか
109:製商品コード設計上の留意点
110:「物理設計」での「加工データ」のとらえ方
111:標準定義域をどう設定するか
SKH-1997年発行分
093:階層コードによるメタデータの冗長性排除
094:概念ファイル類型の考察
095:データ資源管理から見たデータモデリング作業の留意点
096:物理DB構造図記法(案)
097:簿記会計データ序論
098:在庫ファイルについて
099:コードに必要な特性
100:物理設計でのサブタイプ統廃合パターン
101:課題検討の進め方
102:人事業務の骨格基本構造図
SKH-1996年発行分
084:1:1の関係にある管理対象の表現
085:THデータモデルにおける時間の扱い
086:レイアウトの技術
087:物理データと概念データの対応パターン
088:計画設定業務のデータ構造について
089:5分で読むPLAN-DB
090:CASEツール活用の過去、現在、未来
091:PLANシリーズとツールの位置づけ
092:社内組織の本質的サブタイプ構造
SKH-1995年発行分
074:業務の進化論
075:取消・変更の基本分類パターン
076:読みやすい概念DB構造図
077:商社における基本データ構造
078:情報系システムを構成する概念ファイルを考える
079:PLAN-DBノウハウの本質
080:THDデータモデルと業務ルール
081:PLAN-DBにおける正規化
082:レビュ議事録と疑問点メモの役割
083:流通ルートのデータ構造について
SKH-1994年発行分
066:データモデルにおける正規化の特殊事例とその裁き方
067:サブタイプをどう洗い出すか
068:属性と定義域の混同について
069:ボトムアップ・データ・モデリングの時間短縮を考える
070:DOA変革へのシナリオ
071:NNDとNRD
072:データ定義事例集
073:PLAN-DMRの活用
SKH-1993年発行分
055:ERモデル活用における留意点
056:DOAとOOA
057:現行システム帳票によるデータ分析スケジュール事例
058:帳票確認票の有効活用
059:データ定義の進め方
060:企業組織の概念DB構造基本パターン(1)販売組織
061:データ中心アプローチによる業務改革
062:制約
063:オブジェクト指向とPLAN-DBとのモデリング機能比較
064:SPFチャートの役割
065:財務諸表の概念DB構造基本パターン
SKH-1992年発行分
044:DOA椿語録
045:サブタイプ整理表の活用
046:概念基本設計手順の考察
047:「4点セット」のチェックポイント
048:企業組織の概念DB構造基本パターン
049:DOAの第1世代と第2世代
050:管理対象の認識とその表現
051:異寸サブタイプについて
052:在庫データについて
053:簡易分析の進め方
054:生産管理におけるDB構造基本パターン
SKH-1991年発行分
034:管理対象タイプとデータ項目の識別について
035:用途別概念DB構造図の作成について
036:リポジトリ・メンテナンスを考える
037:物流的視点と受払的視点
038:一般会計システムの概念DB構造基本パターン
039:KEYが見つからない項目
040:図面言語によるユーザ要求定義
041:帳票選択をどう進めるか
042:「イベント系統合図」のレビュポイント
043:SPFチャートとSQLの対応について
SKH-1990年発行分
023:コード設計における観点整理のパターン
024:データ項目(DD)定義のプロジェクト・コントロールの進め方
025:データ項目名の命名ルール
026:現状分析の進め方
027:データ分析におけるトップダウン・アプローチについて
028:販売・物流システムの概念DB構造基本パターン
029:寿命の長いイベントをどう扱うか
030:スーパータイプ/汎化をどう扱うべきか
031:データ項目定義作業への帳票確認票の利用
032:概念DB統合作業の進め方
033:販売管理システムの概念DB構造基本パターン
SKH-1989年発行分
013:断面ファイルと要約ファイルの相違
014:データ分析の設計/判断要素
015:概念DB構造図に矢線を引くルール
016:データ分析の過程で発生する課題の整理法
017:購買システムの概念DB構造基本パターン
018:概念ファイル類型-設定のメリットと識別の観点
019:異動イベントの意味と扱い
020:加工データの種類の再考
021:入出力分析シートの記入要領の補足
022:帳票確認で何を考慮すべきか
SKH-1988年発行分
001:データ分析の素材として何が良いか
002:現行システムのデータ分析における帳票選択の進め方
003:概念DB構造図レビュのポイント
004:概念DB構造図に示すサブタイプ
005:概念ファイル・ラベルに明示すべきデータ項目の基準
006:IRMキックオフの上手な進め方
007:PLAN-DBの成果物はどう生かされるか
008:サブストラクチャをどこまで表現するのが適切か
009:イベントモデリング
010:帳票の形式から外部レコードを識別する一つの基準
011:加工データ分析の進め方
012:人事システムの概念DB構造基本パターン