» データ活用で業務プロセスの無駄をなくし業務スピードを向上させる

株式会社データ総研 データ総研のオンサイト教育
製品案内 DMBOK ITコンサルティングサービス ITコンサルティング事例 紹介セミナー 教育コース 技術情報 DRIブログ 会社概要
データ活用で業務プロセスの無駄をなくし業務スピードを向上させる

~サプライチェーン業務の全体最適を目指す~

業務の無駄をなくしたい、様々なリードタイムを改善したいといったお悩みはありませんか。
特にサプライチェーン業務は複雑で部門横断されており、全体視点での改善策を提言することは非常に難しいことでしょう。

本セミナーでは、
ツール(※)を活用し、事実データから業務プロセスを可視化することで、効果的な施策を提供する方法を国内外の事例を踏まえてご紹介いたします。

学びの内容は、
弊社の経験と知見に基づいたデータ活用の基本的な考え方と手順および、ツールを活用する事で効果的なデータ活用を実現する方法です

ご紹介するツール(※)では、以下のような効果が望めます。

  • ボトルネック箇所の発見
  • 業務の無駄発見
  • ベスト分野とワースト分野など様々な角度での比較によるベストプラクティス作成
  • メインプロセスと例外プロセスの可視化によるプロセス見直し
  • 従来手法では可視化しにくいプロセス指標による意思決定
  • システム設計時の標準プロセスと実際の業務プロセスの乖離発見
  • 組織や担当者ごとの情報フローのビジュアル化による業務量可視化
  • PDCAサイクルの実現

   ・・・

※ Process Performance Manager(PPM)

期間 半日間 時間 15:30~17:00
(受付開始15:00)
定員 30名 価格 無料
開催場所 データ総研セミナールーム(ユニゾ人形町ファーストビル5F)
開催日程 未定

>>データ活用で業務プロセスの無駄をなくし業務スピードを向上させる
→お申し込みはこちら

受講いただきたい方:

●業務のリードタイムを改善したいが、どこに問題があるかわからない方

●SCMやCRMなど、組織を横断したプロセス可視化を実現したい方、パフォーマンスを改善したい方

●データ活用に関する取り組みをご担当される方

●具体的な進め方や方向性が導き出せず、お悩みの方

●データ活用に関する取り組みをご担当される方

●業務改善の役割を担っている方

プログラム

  • 第1章 データを活用して業務改善を推進させる考え方 紹介
  • 第2章 Process Performance Manager 紹介

>>データ活用で業務プロセスの無駄をなくし業務スピードを向上させる
→お申し込みはこちら