» データを活用してSFAの活用を推進する

株式会社データ総研 データ総研のオンサイト教育
製品案内 DMBOK ITコンサルティングサービス ITコンサルティング事例 紹介セミナー 教育コース 技術情報 DRIブログ 会社概要
データを活用してSFAの活用を推進する

データを活用してSFAの活用を推進する
~できる営業マンの業務プロセスを明らかにします~

SFAを導入したものの、上手く使いこなせていないといったお悩みはないでしょうか。
例えばデータは入力しているが、営業現場、営業責任者の営業改善につながっておらず、効果がないため、営業現場が協力的でないといった事はないでしょうか。

本セミナーでは、
SFAのデータを活用して、営業マンの活動を業務プロセスとして自動的に可視化し、業務プロセスに紐づく様々なKPIを測定する事で、営業プロセスの改善を推進する考え方をご紹介します。

SFAだけでなく、マーケティング、サポートデスクなどのシステムや、営業日報など管理帳票のデータを元に、システムを横断した業務プロセスの可視化を行う事ができます。

できる営業マンの活動をベストプラクティスとして展開する事により、営業全体の底上げを図るといった事が可能になります。

学びの内容は、
弊社の経験と知見に基づいたデータ活用の基本的な考え方と手順
および、ツールを活用する事で効果的なデータ活用を実現する方法です。

ご紹介するツール(※)では、以下のような効果が望めます。

  • SFAシステムの利用促進
  • 営業活動のベストプラクティスの展開
  • 無駄な活動の排除
  • ベストとワーストのベンチマーキング
  • PDCAサイクルの実現
  • 営業プロセス改善による財務指標や顧客満足度の向上

   ・・・

※ Process Performance Manager(PPM)

期間 半日間 時間 15:30~17:00
(受付開始15:00)
定員 30名 価格 無料
開催場所 データ総研セミナールーム(ユニゾ人形町ファーストビル5F)
開催日程 2018年06月26日(火)

>>データを活用してSFAの活用を推進する
→お申し込みはこちら

受講いただきたい方:

●SFAの活用にお悩みの方

●データ活用に関する取り組みをご担当される方

●具体的な進め方や方向性が導き出せず、お悩みの方

●組織を横断したプロセス可視化を実現したい方、パフォーマンスを改善したい方

プログラム

  • 第1章 データを活用してSFAの活用を推進させる考え方 紹介
  • 第2章 Process Performance Manager 紹介

>>データを活用してSFAの活用を推進する
→お申し込みはこちら