» データ分析体験セミナー

株式会社データ総研 データマネジメントの世界標準 DAMA-DMBOK 基礎教育コース
製品案内 DMBOK ITコンサルティングサービス ITコンサルティング事例 紹介セミナー 教育コース 技術情報 DRIブログ 会社概要

データ分析体験セミナー

~データサイエンスの一連の流れを疑似体験!~

主催 (株)データ総研
開催日程 2014年3月14日(金)
時間 10:00~17:15(9:30受付開始)
参加費用 50,000円(税込)
※DRI教育チケットはご利用いただけません
開催場所 データ総研セミナールーム

セミナー概要

社内基幹系データのみならず、ビッグデータやオープンデータなどを合わせた、経営の意思決定に繋がるデータ活用が求められています。

社内/社外を問わず、必要に応じて様々なデータソースからデータを取得するダイナミックな解析が思いがけない発見につながります。それをいかにうまく経営の意思決定に反映させられるかが、企業の今後を左右するといっても過言ではないでしょう。

今回は、予見を持たず素直にデータを眺めることで得られるモデルから、どのような新しい価値が発見できるかを中心に、一連のデータ分析の流れを体験できるセミナーを企画致しました。

体験セミナー企画の背景と意図の詳細については、こちらをご参照ください。

講師には、データサイエンスの第一人者である慶應義塾大学教授・(株)データサイエンスコンソーシアム代表取締役の柴田里程先生をお迎えし、同社取締役仲真弓氏によるデモンストレーションを交えてセミナーを進行致します。

講義の合間にデータ解析環境Rによるデモンストレーションもご用意しておりますので、データ分析に不慣れな方にも実務の流れをご理解いただける内容となっております。


「データ分析体験セミナー」のお申込み

本セミナーの受付けは終了いたしました。

プログラム

午前の部 (10:00~12:00)

回帰分析 ~POS データを例に~ そのI 「データの整理と理解」

  1. 生データの認識と整理
  2. Rにデータを取り込んでその様子を探り、理解する
  3. 説明変量と被説明変量の検討
  4. 被説明変量の対数変換の果たす役割
  5. 回帰モデルを適用できる形にデータを整える

午後の部I (13:00-15:00)

回帰分析 ~POS データを例に~ そのII 「回帰モデルの適用」

  1. 線形回帰モデルとモデル式(並行回帰、最小二乗法)
  2. カテゴリカルデータと対比の導入
  3. 回帰モデルのブラッシュアップと追加情報の入手
  4. 残差の検討
  5. 分析結果の解釈とマーケティングへの応用

午後の部II (15:15-17:15)

時系列データの分析 ~株価データを例に~

  1. 株価のさまざまな指標と株価データの取得
  2. 時間、欠損値の扱い
  3. 収益率とそのモデル
  4. 株価データと日経平均の関係
  5. ポートフォリオ設計への応用

※都合により、当日の発表内容を変更させていただく場合がございます。ご了承ください。

ご参加いただきたい方

  • データサイエンティストを志している方
  • 経営意思決定の為のデータ活用を推進されている方
  • データ分析を業務改善の成果に結び付けたい方

講師紹介

柴田 里程
-Ritei Shibata-

慶應義塾大学理工学部 教授

(株)データサイエンスコンソーシアム 代表取締役

1973年 東京工業大学大学院理工学研究科修士課程終了
1974年 東京工業大学理学部数学科助手
1981年 理学博士
1984年 慶應義塾大学理工学部助教授
1997年 同教授 現在に至る

赤池のモデル選択基準 AIC の理論的裏付けを行い、AICが世界中で広く用いられるきっかけを与える。その後、米国のベル研究所と共同でデータ解析ソフトウエアSの開発に従事し、数々の訳書、著書を執筆するとともに実践的なデータ解析の教育にあたる。また、Sの商業版である S-PLUS の日本への導入、パブリックドメイン版であるRへの移行に携わる。1996年頃から、さまざまな学会活動や論文の執筆、「データサイエンス」シリーズの刊行などを通じて、データサイエンスの重要性を提唱し、その普及に努める。2004年から5年間、文科省21世紀COEプログラム「統合数理科学」の研究教育プログラム「データサイエンスによる非線形現象の解明」を遂行し、ファイナンスデータの解析やリスク管理などの研究教育にあたる。1997年からは、オーストラリアの科学技術研究機構 CSIRO と海洋生物資源の豊さと多様性に関する共同研究にあたる。そのほか、さまざまな業種の企業との共同研究やコンサルティングも豊富。日本統計学会員、2006年 日本統計学会賞受賞。


仲 真弓
-Mayumi Naka-

(株)データサイエンスコンソーシアム 取締役 CEO

2011年9月 2011年度統計関連学会連合大会優秀報告賞受賞
2013年9月 慶應義塾大学理工学研究科後期博士課程単位取得退学
2013年10月より (株)データサイエンスコンソーシアムの運営と事業推進にあたる

Rによるデータ解析に精通し、大学院在学中にはオーストラリア科学技術
研究機構(CSIRO)と海洋調査データの共同研究に従事し、データサイエンスの
視点での解析から数々の新たな発見を行っている


「データ分析体験セミナー」のお申込み

本セミナーの受付けは終了いたしました。