業務プロセスモデリングの基礎と演習講座(研修・セミナー)

株式会社データ総研 データマネジメントの世界標準 DAMA-DMBOK 基礎教育コース
製品案内 DMBOK ITコンサルティングサービス ITコンサルティング事例 紹介セミナー 教育コース 技術情報 DRIブログ 会社概要

業務プロセスモデリングの基礎と演習

~すぐに使える!業務プロセスのモデル化ポイントを学ぶ~

主催 (株)データ総研
コース種別 集合研修 形式 講義+演習
期間 半日間 時間 13:30~17:30
開催人数 3名~ 価格 28,500円/1名(税別)
開催場所 データ総研セミナールーム
開催日程 2017年05月16日(火)
2017年08月22日(火)

コース概要

半日で、業務プロセスのモデリングを完全にマスターできる研修コースです。
ビジネス活動には、物と金が動いた際に、あるいは契約を結んだ際に、必ず証憑(業務入出力)が残る仕組みになっています。
このような証憑のサンプルを使ってビジネス活動の足取りを捉え、ビジネスのプロセスをモデル化することができます。
この考え方を基に考案された業務プロセスのモデリング手法(IPFチャート)を、演習を交えてお教えします。
複雑な業務を分解の観点と時系列の観点で捉え、網羅的に分かりやすく表現します。
業務プロセスをモデル化するポイントは、業務の捉え方、業務の起動条件、責任と権限、および業務連鎖の表現です。
IPFチャートはこれを明確に表現します。
IPFチャートは程よい簡潔さで、一般の人にとっても分かりやすいため、業務担当者の方も容易に参画していただけます。


目的・ねらい

  • プロセスモデルによる業務分析、業務可視化の意義・目的を理解します。
  • データ中心アプローチ(DOA)の考え方を理解します。オブジェクト指向との視点の違いも理解します。
  • プロセスモデルに表現される要件を理解し、「IPFチャート」の詳細な文法を学びます。
  • 「プロセスモデリング技法:PLAN-PROC」の手順・成果物の作り方を習得します。
  • 個人の演習から、業務分析の手順、プロセスモデリングによる業務プロセスの可視化を体得します。

コースのお申込み

>>業務プロセスモデリングの基礎と演習
→お申し込みはこちら

対象者情報

対象者

  • 業務分析・要件定義に取り組む担当者
  • 業務プロセスの可視化・改善に取り組む担当者

前提条件

  • 特になし

コース詳細

プログラム

  1. 業務プロセスモデル
    • 複雑な業務の視点別理解
    • 業務入出力を利用するモデリング方法
    • 業務プロセスモデルの利用場面
  2. IPFチャート
    • IPFチャートの構成要素
    • 構成要素間の色々な関係
  3. 業務プロセスモデリングの手順
    • WBS作成
    • IPF作成
  4. 演習

コースの特徴

  • 短い時間の中で、座学だけでなく演習も取り入れ、一連のプロセスモデリングを体得することができます。

注意事項

  • 当コースは「業務分析力・コミュニケーション力強化(VC)」と内容が重複しております。予めご了承ください。
  • 当コースは2016年4月に、それまでの「業務プロセスモデリング」からコース名称を変更したもので、内容は同一です。

関連試験や資格の関係

ご注意ご連絡事項

オンサイト開催(お客様ご指定の場所・日程にて開催)も承っております。 >>オンサイト教育
詳細は、是非お問い合わせください。

★関連するお勧めコース


コースのお申込み

>>業務プロセスモデリングの基礎と演習
→お申し込みはこちら