業務分析力・コミュニケーションスキル強化コース(研修・セミナー)

株式会社データ総研 データ総研のオンサイト教育
製品案内 DMBOK ITコンサルティングサービス ITコンサルティング事例 紹介セミナー 教育コース 技術情報 DRIブログ 会社概要

図面言語による 業務分析力・コミュニケーション力強化コース

主催 (株)データ総研
コース種別 集合研修 形式 講義+演習
期間 2日間 時間 10:00~17:30
開催人数 3名~ 価格 86,000円/1名(税別)
開催日程 2018年03月13日(火) ・2018年03月14日(水)

コース概要

業務プロセス図やデータモデル図を武器として業務分析力を向上させ、ユーザと共同で業務要件固めを推進できる人材を育成します。


目的・ねらい

  • 情報システム開発プロジェクト全般の問題・課題、業務分析力・コミュニケーション力に関わる問題・課題を認識します。
  • 業務分析・要件定義フェーズにおける業務分析力・コミュニケーション力を強化するために、ビジネス系情報システムにおいて、普遍的に適用できる解決アプローチについて理解します。
  • 業務プロセスを表す図面技術IPFの文法を習得します。
  • 業務プロセス改善の着眼点を理解します。
  • 概念データ構造が、業務プロセスとは別な視点で、業務を可視化することを理解します。
  • 概念データ構造から業務改善のポイントが見つかることを理解します。

コースのお申込み

>>図面言語による 業務分析力・コミュニケーション力強化コース
→お申し込みはこちら

対象者情報

対象者

  • ユーザーとソフトウェア開発者の間にたって、業務要件をまとめる位置づけの方
  • これから業務モデリングを身につけたい方
  • 既存のモデリングコースで満足していない方

前提条件

  • 特になし

コース詳細

プログラム

  • 【1日目】
    • 1. 業務分析・要件定義工程の課題
    • 2. ビジネス系情報システムの特徴と解決アプローチ
      • 後戻りのない業務要件定義の進め方
    • 3. 業務プロセスの可視化と改善の着眼点
      • 業務とは「DO」である
      • 複雑な業務構造を観点別の理解に置き換える
      • 何を記述し、何を省くか
    • 4. 業務プロセス可視化の演習
       
  • 【2日目】
    • 5. 業務データ構造の可視化と改善の着眼点
      • 7つの質問で業務がわかる
    • 6. 業務データ構造可視化の演習
    • 7. 全体総括

コースの特徴

  • 座学では、各セッションごとに確認問題または小演習を行います。
  • 最終日は、グループで業務分析演習を行います。業務プロセスと業務データの両方を可視化します。また、課題洗い出しの着目点にもふれ、プロセスモデル、データモデルを見ながら、講師が解説します。

関連試験や資格の関係

ご注意ご連絡事項

オンサイト開催(お客様ご指定の場所・日程にて開催)も承っております。 >>オンサイト教育
詳細は、是非お問い合わせください。

★関連するお勧めコース


コースのお申込み

>>図面言語による 業務分析力・コミュニケーション力強化コース
→お申し込みはこちら