データモデリングの基礎・演習コース(入門研修・セミナー)

株式会社データ総研 データマネジメントの世界標準 DAMA-DMBOK 基礎教育コース
製品案内 DMBOK ITコンサルティングサービス ITコンサルティング事例 紹介セミナー 教育コース 技術情報 DRIブログ 会社概要
データ中心の業務分析手法 データモデリング基礎と演習コース
データモデルの文法と作成手順を徹底的に学ぶ!

業務で使用される情報(画面・帳票)を素材として、業務の本質を効率的に把握し表現するデータモデリング技法(PLAN-DB)を学び、グループ演習により体験的に習得します。

期間 3日間(演習なし:1日間) 時間 9:30~17:30
最低催行人数 3名 価格(1名様/税別) 3日間:129,000円
1日間:47,500円
開催場所 データ総研セミナールーム(ユニゾ人形町ファーストビル5F)
5月8日の事務所移転に伴い、新事務所(日本橋人形町)での開催となります。
開催日程 2017年08月23日(水) ・2017年08月24日(木) ・2017年08月25日(金)
前提条件 特になし
目的・ねらい ・データモデルによる業務分析、業務可視化の意義・目的を理解します。
・データ中心アプローチ(DOA)の考え方を理解します。オブジェクト指向との視点の違いも理解します。
・データモデルに表現される要件を理解し、「THデータモデル」の詳細な文法を学びます。
・業務分析のトップダウン手法とボトムアップ手法の位置づけを理解し、「データモデリング技法:PLAN-DB」の手順・成果物の作り方を習得します。
・個人の小演習から、グループ演習を通じて、業務分析の手順、データモデリングによる業務データ構造の可視化を体得します。
対象者情報 ・業務分析・要件定義に取り組む担当者
・概念・論理データベース設計に取り組む担当者

データモデリング基礎と演習 3日間

「データモデリング基礎と演習(3日間)」のお申し込み

データモデリング基礎と演習 1日間(演習無し)

「データモデリング基礎と演習(1日間)」のお申し込み

大規模化・複雑化する業務システム開発において、業務分析・要件定義作業は難易度を増すばかりです。
しかし、真に業務に貢献する業務システムを開発するためには、これら上流工程がとても大切です。
「品質・コスト・納期」についての問題を起こさないためにも、ユーザと情報システム部門・システムエンジニアが上流工程で業務を可視化し、共通認識を持つことが重要となります。
業務の可視化で一番大切なことは、業務で使われている「データの構造」を明らかにすることです。
業務プロセスのインプットもアウトプットもデータであり、これらの関連を明らかにすることで、業務で何をしているのか、業務と業務の関係がどうなっているのかが明らかになるのです。

「データモデリングの基礎と演習」コースでは、業務で使用される情報(画面・帳票)を素材として、業務の本質を効率的に把握し表現するデータモデリング技法(PLAN-DB)を学び、グループ演習により体験的に習得します。
これは、他の記述法(UML・IDEF1Xなど)で表記する人にとっても、エンティティクラスの切り出し方法など、大変参考になる講習です。

プログラム

プログラム

  • 【1日目】:基本的な考え方と表記ルール
    • 1. データモデルとは
    • 2. 概念ファイル(エンティティ)と関係の認識
    • 3. 関係の種類とその表現
    • 4. データモデルの精緻化
    • 5. 概念ファイル類型と構造図配置ルール
    • 6. 加工デ-タと処理プロセス
       
  • 【2日目】:部分図作成の進め方と部分図演習
    • 7. 帳票確認の進め方
    • 8. 帳票分析の進め方
    • 【演習1】 部分図演習
       
  • 【3日目】:部分図演習の続き、統合の進め方と統合演習
    • 【演習2】 部分図演習
    • 9. 統合の進め方
    • 【統合演習】
       

コースの特徴

  • 座学では、各セッションごとに確認問題または小演習を行います。
  • 最終日は、グループで業務のデータ分析を行います。ボトムアップ手法でデータ構造を可視化していきます。各グループ毎にできあがったデータモデルを発表し、現状業務が正しく写像されているか、講師がレビュを行います。

データモデリング基礎と演習 3日間

「データモデリング基礎と演習(3日間)」のお申し込み

データモデリング基礎と演習 1日間(演習無し)

「データモデリング基礎と演習(1日間)」のお申し込み