» 技法

株式会社データ総研 データ総研のオンサイト教育
製品案内 DMBOK ITコンサルティングサービス ITコンサルティング事例 紹介セミナー 教育コース 技術情報 DRIブログ 会社概要
技法

方法論に基づいた「成果物」を作成するために、これを支えるものの一つに技法があります。
任意成果物を、誰もが自然に作成でき、一定水準の品質統制がとれている状態にするための、必要要素や作成手順が標準化されています。
データ総研では、技法「PLAN-DB」「PLAN-PROC」を中核に、弊社方法論と親和性の良い技法を吟味し、お客様に適用しています。
また、これらのマニュアルや、技法を習得するための教育コースを客様に提供しております。

→お問い合わせはこちら

方法論

技法 :MIND-SA

システム企画研修様が開発したシステム分析・企画・問題解決手法です。

MIND-SAは、システム分析・企画・問題解決のための手法です。
「目的・ねらいの設定手法」「問題点連関図手法」「5W2H手法」の技法を備えています。


ニュースリリース

技法解説

関連サービスパンフレット

スキルアップ教育コース

技法 :PLAN-DB

業務可視化のためのデータモデリング技法(THデータモデル)

PLAN-DBは、ビジネスモデリングのためのデータ構造を可視化する技法です。業務データの意味に着目したデータ系図面言語として、要件定義品質・コミュニケーション効率を高めます。
椿正明博士(データ総研)および穗鷹良介博士により開発された『TH(Tsubaki-Hotaka)データモデル』の表記ルールおよび作成手順を備えています。


技法パンフレット

関連サービスパンフレット

スキルアップ教育コース

技法 :PLAN-PROC

業務可視化のためのプロセスモデリング技法(IPFチャート)

PLAN-PROCは、ビジネスモデリングのための業務プロセスを可視化する技法です。情報要求を業務プロセスに展開するプロセス系図面言語として、要件定義品質・コミュニケーション効率を高めます。
椿正明博士(データ総研)により開発された『IPF(Information Process Flow)チャート』の表記ルールおよび作成手順を備えています。


技法パンフレット

関連サービスパンフレット

スキルアップ教育コース

技法 :PLAN-CODE

柔軟性・メンテナビリティの高いDB設計の基礎ノウハウをまとめたDOAによるコード設計技法

PLAN-CODEは、システムの要であるデータ構造設計において、「コード」に特化したノウハウをまとめたコード設計技法です。
DOAの見地から、柔軟性・メンテナビリティの高いデータ構造をもつシステム作りを追求するための基礎ノウハウです。


技法パンフレット

関連サービスパンフレット

関連ソリューション

関連ソリューションセミナー

技法 :PLAN-XML

企業間のデータ連携に欠かせないXMLタグ設計技法

PLAN-XMLは、 XMLタグ設計における、さまざまな問題をクリアするためのB2Bデータ統合のための設計技法です。
XMLによる情報交換では、タグの意味の共有がもっとも重要な要素のひとつです。
PLAN-XMLでは、XMLタグを設計することにより、タグの意味(セマンティクス)を標準化し、異なるシステム間での意味の共有(翻訳)が実現できます。


技法パンフレット

関連サービスパンフレット

スキルアップ教育コース