» 方法論

株式会社データ総研 データ総研のオンサイト教育
製品案内 DMBOK ITコンサルティングサービス ITコンサルティング事例 紹介セミナー 教育コース 技術情報 DRIブログ 会社概要
方法論

高スキルの技術者を適材適所に配置した体制やプロジェクト管理は、どんなプロジェクトでも考慮すべきことですが、それだけでは十分な品質や統制はとれません。
誰もが自然に実行でき、一定水準の品質統制がとれている状態にするためには、システム開発環境や体制にあった標準的な手順と成果物が定められている必要があります。
データ総研では、700ものプロジェクト実績から生まれたオリジナル方法論「PLANシリーズ ノウハウパッケージ」を中核に、弊社方法論と親和性の良い方法論を吟味し、情報システムに関する上流から下流に至るコンサルティングに適用しています。
また、これらのマニュアルもお客様に提供しております。

→お問い合わせはこちら

方法論

方法論 :PLAN-EA

データセントリックアーキテクチャによる企業情報システムの全体最適化のためのアーキテクチャ策定方法論

PLAN-EAは、情報システムを企業レベルで全体最適化するための方法論です。
Zachmanフレームワークや経済産業省のフレームワークなど、多くのEA(Enterprise Architecture:エンタープライズアーキテクチャ)がある中で、ビジネス系情報システム構造に適したフレームワークとして、 「データセントリックアーキテクチャ」を核に、企業の情報システムの構造を策定します。


方法論パンフレット

関連サービスパンフレット

関連ソリューション

関連ソリューションセミナー

方法論 :PLAN-RFP

システム調達のための提案依頼書(RFP)作成方法論

システム化の目的・各種要件を整理し RFPを作成することは、発注者としての重要な責務です。RFPを作成することができるかどうか ( ノウハウが蓄積されているか、スキルを持った人材がいるか ) は、プロジェクトの成否、システム投資コスト削減の可否を左右します。
PLAN-RFPとは、データ総研の RFP(Request For Proposal)作成支援コンサルティングで得たノウハウをもとに作成された提案依頼書作成方法論です。


方法論パンフレット

関連サービスパンフレット

関連ソリューション

関連ソリューションセミナー

方法論 :PLAN-APL

コアコンピタンスを生かす戦略システムのための、DOAに基づく要件定義方法論

要件定義では、開発するシステムの全体像について、業務を含めた全体の視点から定義しておく必要があります。PLAN-APLは、DOA(Data Oriented Approach)の考えをベースに行われているデータ総研の 600 件以上のプロジェクト経験をもとに作成された要件定義方法論です。要件定義から外部設計工程をサポートしています。


方法論パンフレット

関連サービスパンフレット

関連ソリューション

関連ソリューションセミナー

方法論 :PLAN-MASTER

「広域情報連携」を実現するためのコード統一・マスター統合の方法論

コード統一・マスター統合は、その影響が関係企業や業務システムの広範囲にわたります。また、検討事項も新コード体系の検討、新コードにおける新業務の設計、システム連携方法の検討、業務やシステムの移行方法など多くの事項の検討と調整が必要になります。
PLAN-MASTER とは、データ総研の 600 件以上のプロジェクト経験から抽出したノウハウをもとに作成された、コード統一・マスター統合の方法論です。


方法論パンフレット

関連サービスパンフレット

関連ソリューション

関連ソリューションセミナー