» データ総研、データと戦略を結ぶ「データ活用セミナー(BI/DWH編)」を9月27日(木)に開催決定。

株式会社データ総研 データ総研のオンサイト教育
製品案内 DMBOK ITコンサルティングサービス ITコンサルティング事例 紹介セミナー 教育コース 技術情報 DRIブログ 会社概要
プレスリリース
データ総研、データと戦略を結ぶ「データ活用セミナー(BI/DWH編)」を9月27日(木)に開催決定。

データ総研、データと戦略を結ぶ「データ活用セミナー(BI/DWH編)
~氾濫するデータから価値ある情報をつかみとる~」を9月27日(木)に開催決定。

2012年9月6日
株式会社データ総研
データ総研ロゴ

株式会社データ総研(本社:東京都中央区、代表取締役社長:黒澤 基博、以下 データ総研)は、9月27日(木)に新セミナー「データ活用セミナー(BI/DWH編)」の開催を決定しました。

データ活用セミナー(BI/DWH編)のご案内
http://www.drinet.co.jp/seminar/solution/so19.html

【概要】

昨今、ITを活用する事業部門の関心は、従来のBI(=ビジネスインテリジェンス、過去の実績に基づいた原因分析)から、BA(=ビジネスアナリティクス、将来を予見する洞察)の実現に関心が移りつつあると言われています。

ビジネスの環境では、クラウドやSNSが導入され自社IT基盤に依存しない仕組みがかなり浸透するとともに、ビッグデータと呼ばれる従来と異なる種類・形式の情報が登場してきました。事業部門では、これらのデータを何とかしてビジネスへ有効活用していきたいと考えています。

このような状況を踏まえ、IT部門としては、従来のように「適切かつ迅速に情報提供ができる環境を整える」ことに留まらず、「ビジネスに有効な情報を見極め、どのように把握して提供すべきか」を考える、事業部門に近い立場へ一歩踏み込む必要があると弊社は考えます。

本セミナーでは、「ビジネスに有効な情報」をいかにして導き出すのかを、事業部門、IT部門の双方の視点から手順を解説し、さらに想定される課題を交えながら、「IT部門の果たすべき役割」について新たな提言をいたします。

また、後半では、ビジネスに有効な情報を「提供する基盤」にスポットを当て、グローバル企業におけるデータ活用基盤整備についてのケーススタディをご紹介します。

【セミナー概要】

■開催日時
2012年9月27日(木) 15:00~17:00

■開催場所
データ総研 セミナールーム
東京都中央区日本橋小伝馬町4-11 サンコービル7F
http://www.drinet.co.jp/corporate/access.html

■参加費用
無料

【申込方法】
下記URLよりお申し込みくださいください。
セミナー名:データ活用セミナー(BI/DWH編)
http://www.drinet.co.jp/entry-form?pid=9379

■プログラム
1.現状と課題
・データ活用ニーズの増大とシステム問題点
・IT部門の目指すべき姿

2.事業強化に有益な対象情報の見極め
・事業戦略に即した情報要求整理の進め方
・IT部門が事業部門に踏み込む+α活動とは
 ‐ex)業務プロセスから指標化の観点を導く
    指標化された情報の有効性を検証する

3.有効なデータ活用基盤を提供するためには
・有効なデータ活用基盤とは
・有効なデータ活用基盤づくりのための施策
・施策の進め方と事例 

4.データ総研のソリューション

【本件に関するお問い合わせ先】
企業名:株式会社データ総研
担当者:営業グループ 佐藤幸征
TEL:03-5695-1651
Email:crm@drinet.co.jp