» ITデータ用語集 た行

株式会社データ総研 データ総研のオンサイト教育
製品案内 DMBOK ITコンサルティングサービス ITコンサルティング事例 紹介セミナー 教育コース 技術情報 DRIブログ 会社概要
データ関連用語集
ITデータ用語集 た行





た行

断面ファイル:
ファイルのある時点のイメージをセーブしたファイル。

定義域:
domain。データ項目の取りうる値の集合。

データインフラ:
情報システムのインフラストラクチャのうちデータ部分。データ基盤、メタデータやリソースデータ値など。

データウェアハウス:
Data Warehouse。検索用に特化したデータベース。個別業務をこえて整合性をとりユーザに開放された情報系データベース。

データ機能:
データ項目のもつ識別、参照、各種加工の機能。

データ辞書:
“社員番号、基本給、顧客名など、データ項目を説明する辞書。ファイルやエンティティなどの説明が登録されることも多い。データディクショナリと同義。リポジトリと同義で使われる場合もある。

データ整合性:
データファイル間のデータ項目の意味やKEY、RKEYの関係を保つこと。

データ定義:
データ項目の仕様(意味、データ型、桁数、加工方法など)を決めること。

データディクショナリ:
“社員番号、基本給、顧客名など、データ項目を説明する辞書。ファイルやエンティティなどの説明が登録されることも多い。データ辞書と同義。リポジトリと同義で使われる場合もある。

データベースアーキテクチャ:
集中、分割、分散、重複など複数のデータベースの構成。

データモデル:
データの構造をエンティティ同士の関連で表した図。データ項目も記載するケースが多い。

点線サブタイプ:
データ管理上は概念ファイルに吸収されてしまうサブタイプ。

ドメイン制約:
domain constraint。データ項目の定義域から必然的に決まる項目値の制限。

トリガ
trigger。引き金。ある事象のきっかけとなる出来事。


個人情報保護方針 情報セキュリティ基本方針 ご利用規約 Copyright DRI All Right Reserved.