» ITデータ用語集 あ行

株式会社データ総研 データ総研のオンサイト教育
製品案内 DMBOK ITコンサルティングサービス ITコンサルティング事例 紹介セミナー 教育コース 技術情報 DRIブログ 会社概要
データ関連用語集
ITデータ用語集 あ行





あ行

アセンブラ:
機械語と1対1に対応する、一番基本になるプログラム言語。

イベントドリブン型:
event driven type。イベントの発生によって起動がかかるシステムのタイプ。

イベントファイル:
受注、出荷・生産指図・支払など発生した出来事を記録する管理対象。

意味論モデル:
形式より意味を重視するデータモデル

インフラデータベース:
共用性の高い基盤データベース。社内組織、社外組織、人、製商品の原料などを含む。

ウォーターフォールアプローチ:
waterfall approach。上流から下流へ原則として後戻りなく進捗するシステム開発方式。

エンティティ:
Entity。管理対象。経営体の中でユーザが管理の対象として認識するもの。社員、顧客、受注など。

オカレンス:
一個一個の個体、タイプ(種類)に対する言葉

オカレンスリソース:
社員、顧客、国などの個体リソース。寿命をもち所在が特定できる。

オブジェクト指向:
object oriented approach。オブジェクトを基本部品としその再利用をねらう開発方式。


個人情報保護方針 情報セキュリティ基本方針 ご利用規約 Copyright DRI All Right Reserved.