よくあるご質問

株式会社データ総研 データマネジメントの世界標準 DAMA-DMBOK 基礎教育コース
製品案内 DMBOK ITコンサルティングサービス ITコンサルティング事例 紹介セミナー 教育コース 技術情報 DRIブログ 会社概要
よくあるご質問
よくあるご質問

サービス・導入事例|
セミナー・オープンカレッジ
弊社について
サービス・導入事例
Q : データ総研のモデリング技法の特色や、他社技術との違いは何ですか?
A : 弊社のデータモデリング技法は、単なるデータベース設計技術ではありません。業務ルールを可視化し、メンバー間の情報共有を促進する要件定義の要素技術です。実装にとらわれずにモデリングするため、現状の物理構造の冗長性を排除し、ビジネスルールを適確に写像することができます。
Q : データ総研のデータモデルは、なぜTHデータモデルと呼ぶのですか?
A : 1970年頃に千代田化工建設株式会社においてエンジニアリングデータを整理していた椿正明(現弊社代表取締役会長)が、当時ソフトウェア会社部長であった穂鷹良介氏(現筑波大学名誉教授、法務省CIO補佐官、経済学博士)の協力を得て開発した情報工学技術が、弊社データモデルの起源です。開発者の名前(椿、穂鷹)の頭文字をとって、THデータモデルと名付けられました。
Q : サービス名の最初に「PLAN-」とつくのはなぜですか?
A :  弊社技法の中核であるデータモデリング技法の命名時に、「データベースの計画技術」という意味で「PLAN-DB」と名付けました。そのために、それ以降に開発したサービス名の最初には「PLAN-」をつけるようにしています。

サービス・導入事例
セミナー・オープンカレッジ|
弊社について

セミナー
Q : 申込後、受講前にテキストを戴く事は可能ですか?
A : 原則としては、セミナー・オープンカレッジのテキストは、当日お渡しすることになっております。詳しくは、マーケティング・セミナー担当(TEL:03-5695-1651)までお問い合わせください。
Q : セミナー参加費用の支払方法に関して教えて下さい。
A : お支払いただく方法で、以下の通り異なります。

1)現金でお支払いの場合:
 お申込受付後、請求書をお送りしますので、請求書に記載された振込先にお振込ください。振込期限は開催日の当月末日となります。お振込期限を過ぎる場合はご連絡ください。

2)DRI教育チケットご利用の場合:
 お申込受付後、DRI教育チケット点数管理表をお送りしますので、残数をご確認ください。

Q :  ビジネスモデリングスクール「データモデリング基礎(BC)」を受講せずに「データモデリング演習(EC)」を受講することはできないのですか?
A : 「データモデリング演習(EC)」ではチームでの共同作業がメインとなりますので、事前に「データモデリング基礎(BC)」を受講していただき、PLAN-DBを理解していただくことが必要です。
Q : DRI教育チケットとは何ですか?
A : 弊社が主催しているセミナーやオープンカレッジの参加費用を、現金のかわりにチケットでお支払いただくシステムです。事前にご購入いただくことになりますので、詳しくは、弊社の営業担当(crm@drinet.co.jp)までご連絡ください。

サービス・導入事例
セミナー・オープンカレッジ
弊社について|

弊社について
Q : データ総研へITコンサルティングを発注するまでの標準的なプロセスを教えてください。
A : ご発注いただくまでの標準的なプロセスは以下の通りです。

1. 弊社の営業担当やコンサルタントへ、お電話・メール・本サイトのお問い合わせフォーム経由でお問い合わせ下さい。

2. 弊社営業担当又はコンサルタントが、貴社の抱えている課題やテーマをヒアリングさせていただきます。
3. それに応じて弊社が主催しているセミナーをご紹介させていただくか、弊社ソリューションの説明会をオンサイトで開催させていただきます。
4. その後、秘密保持契約を締結し必要な情報をご提供いただいた上で、ITコンサルティングをご提案させていただきます。