» 沿革

株式会社データ総研 データマネジメントの世界標準 DAMA-DMBOK 基礎教育コース
製品案内 DMBOK ITコンサルティングサービス ITコンサルティング事例 紹介セミナー 教育コース 技術情報 DRIブログ 会社概要
沿革

1985年

株式会社日本システミックスでのデータベースコンサルティング事業を引き継ぎ、株式会社データ総研を設立。

1985年

データモデリングを中心としたシステム可視化のための技術コンサルティングサービスを開始。THモデルを中核としたデータモデリング方法論PLAN-DBを開発。

1989年

データ設計のためのコンサルティングサービスを展開するために、コード設計方法論PLAN-CODEを開発。

1990年

業務設計のためのコンサルティングサービスを展開するために、業務モデリング方法論PLAN-PROCを開発。

1990年

データ設計のためのコンサルティングサービスをさらに強化し、データ定義プロジェクトの豊富な経験をもとにPLAN-DDを開発。

1997年

株式会社ビーコンインフォメーションテクノロジー(現株式会社ユニリタ)の出資を受け、子会社となる。

1999年

データ中心のシステム設計・開発サービスを拡充するために、(株)キリンビジネスシステムと共同でDOA-RADを開発。

2000年

全社規模のメタデータ管理を支援するサービスを展開するために、リポジトリ管理ツールTHeRepositoryを開発し、販売を開始。

2004年

全社あるいは連結企業の情報システム全体最適化を支援するコンサルティングサービスを展開するために、PLAN-EAを開発。

2004年

提案依頼書(RFP)を作成支援するためにPLAN-RFPを開発。

2004年

データ基盤整備のためのサービス拡充を図り、PLAN-MASTERを開発。

2005年

創立20周年。設立当初主流であった個別業務領域のデータ分析・設計に代わり、連結企業のデータ統合、全社データ基盤整備、コード統一・マスタ統合といった広域業務領域のデータ分析・設計がコンサルティングサービスの主流となる。

2006年

人材育成事業の充実を図り、データ中心アプローチによるシステム開発関連の教育・セミナーコースを大幅に拡充・リニューアル。

2006年

データ可視化やシステム開発分野でのソリューション販売を新たに開始。それに伴い、販売および開発分野で積極的な提携、協業を推進。

2007年

要件定義分野でのサービスの拡充を図る。

2009年

MDM関連サービスの体系化を図り、「MDM診断サービス」及び「MDMアセスメントサービス」を発表。

2009年

システム保守プロセス改善分野に進出し、韓国製システム可視化ツールなどの販売代理店契約を締結。

2009年

米国DAMAの合意を得てDAMA-DMBOKの日本語翻訳を行う。日本最初の教育機関として認定される。

2010年

データマネジメント分野でのサービス拡充を図り、DAMA-DMBOKを核にした教育コース、および導入コンサルティングサービスを提供開始。

2011年

上流技術者育成事業の強化・拡充を図り、上流工程技術者育成のための新教育コースを提供開始。

2014年

企画提案工程をサポートするコンサルティング・プロモーション手法を導入し、MRDR(マスタープラン・リクワイアメント・デザイン&レビュー)方法論の販売を開始する。