» データ活用するための組織設計サービス

株式会社データ総研 データ総研のオンサイト教育
製品案内 DMBOK ITコンサルティングサービス ITコンサルティング事例 紹介セミナー 教育コース 技術情報 DRIブログ 会社概要
データ活用するための組織設計サービス

データ活用を成熟させ継続的なイノベーションを目指す

データ活用するための組織設計サービス

データを活用し、企業として成果を出すためには明確な役割が必要

企業としてデータ活用を成熟させ、革新的な創造をしていくためには、個々や部門ごとで活動していても達成はできません。全社を意識し運用していく組織体制が必要となります。明確な役割を決めなければ、データに関する運用が曖昧になりデータ活用を継続させていくのは難しいでしょう。

データを活用していくための役割とは

データを活用していく為には、どのような役割を設計していけばよいでしょうか。

  1. 経営の立場でデータを資産として管理する役割
  2. データを活用し業務運営していく役割
  3. データから答えを導くために分析する役割
  4. データ活用や分析のために必要なデータを収集する役割
  5. データの品質を維持し統制していく役割
  6. データから得られたナレッジを管理していく役割

などが考えられます。それぞれの関係は、下記図のような例が考えられます。企業により、求められる役割は異なるため、他社と差別化を図り、データから創造していく企業を作るにはその企業にあった最適な組織設計が求められます。

●上記以外でも様々なスタイルでご支援させていただいております。詳細は別途ご相談ください。

もっと詳しく 「データ活用」を知るには

「データ総研のデータ活用サービス」お問い合わせ