» データ活用実行計画策定サービス

株式会社データ総研 データ総研のオンサイト教育
製品案内 DMBOK ITコンサルティングサービス ITコンサルティング事例 紹介セミナー 教育コース 技術情報 DRIブログ 会社概要
データ活用実行計画策定サービス

自社の強みとなるデータ活用を実現し他社と差別化を図る

データ活用実行計画策定サービス

データ活用は他社との差別化要素であり自社のコアコンピタンスとなる

昨今は、どの企業もデータを活用することの重要性を把握し、データを武器にするために様々な施策をとっています。例えば、集客のためにレコメンデーション・システムの導入や、業績予測するためのシミュレーション系BIツールの導入などです。しかし、その施策は他社事例をそのままマネをしても成功にはつながりません。企業が保持しているデータはそれぞれの企業の差別化要素であるため、その企業の課題に対して最適な形で活用できなければ、本当の意味で役に立っている状況にはなりません。

最適なデータの活用ができるようになれば、自社の強みとなり、ビジネスへ効果の出る施策と言えるでしょう。

まずは、自社のデータ活用成熟度を理解することが大切

データ活用を考えている企業の多くは、“データを活用できている自社の理想イメージ”を持っているのではないでしょうか。しかし、上手く推進できていない企業は、おおまかな理想イメージはあるが、どのように実行していけばよいのか見えていない状態かと思われます。

なぜ上手く行かないのか。大きな要因の1つとして、自社の現状の姿を正確に捉えることが出来ておらず、推進していくために最初に手を打つべき施策、その次に打つべき施策が明確にできていないことが挙げられます。その結果、推進途中で頓挫してしまったり、BIツールなどを先行導入したものの活用しているとは言えない状況になっています。

自社のデータ活用を成功に導くためには、自社の現状とあるべき姿を整理して、データ活用成熟度として表現することが重要です。そして、その成熟度に合わせて適切な施策を実行することにより、データ活用できる企業へ成長させることが出来ます。

参考例:活用成熟度のレベル設定

まずは、自社のデータ活用成熟度を理解することが大切

データを活用するためのポイントの教育と、現状分析し、あるべきデータ活用像を整理しながらデータ活用成熟度を整備していきます。「整備したデータ活用成熟度=自社のデータ活用ステップ像」となり、それに合わせて適切な施策を選定していき、実行計画として取りまとめます。

(ご参考手順)

(成果物連鎖)

●上記以外でも様々なスタイルでご支援させていただいております。詳細は別途ご相談ください。

もっと詳しく 「データ活用」を知るには

「データ総研のデータ活用サービス」お問い合わせ