» データ活用を考慮したデータ基盤/データ構造設計サービス

株式会社データ総研 データ総研のオンサイト教育
製品案内 DMBOK ITコンサルティングサービス ITコンサルティング事例 紹介セミナー 教育コース 技術情報 DRIブログ 会社概要
データ活用を考慮したデータ基盤/データ構造設計サービス

データ活用者の様々な要求に対応する基盤作り

データ活用を考慮したデータ基盤/データ構造設計サービス

ユーザの変化する要求に耐えられるデータ設計ができているか

ユーザのデータ活用要求はビジネスの状況により様々変化します。例えば、“顧客層が変化したと感じてきた場合は、顧客を中心としたデータを分析をする”、“製品の利益率が低くなった場合は、製品のライフサイクルに関する情報収集や製品毎のコスト分析をする”などが業務都合で随時発生します。しかし、その都度、システム対応していては、ビジネス・スピードに対してITが足かせとなり、競合他社から出遅れてしまう状況になってしまいます。

そのようにならないために、自社のデータを統合管理し、活用しやすい単位で、且つ、汎用的なデータ構造で保持することにより、上記のような悩みを解消します。

データ・アーキテクチャと汎用的なデータ構造設計が鍵である

様々なデータ活用要件に対応するためには、業務などで発生したデータを活用するために最適に管理する考え方(データ・アーキテクチャ)が重要となります。その考え方に基づいてデータ基盤設計をおこないます。

また、単純にデータをDWHなどで集中管理するだけでは、データ活用できません。様々なデータ活用要求に対応できるようなデータ構造が必要となります。

ご支援プラン

要件と現状のデータ基盤/データ構造を確認して、最適なデータ基盤とデータ構造を設計します。

●上記以外でも様々なスタイルでご支援させていただいております。詳細は別途ご相談ください。

もっと詳しく 「データ活用」を知るには

「データ総研のデータ活用サービス」お問い合わせ