システム設計開発ソリューションの特徴

株式会社データ総研 データ総研のオンサイト教育
製品案内 DMBOK ITコンサルティングサービス ITコンサルティング事例 紹介セミナー 教育コース 技術情報 DRIブログ 会社概要
データ総研のシステム設計開発ソリューション

高品質と高生産性を実現するデータ総研のシステム設計開発ソリューション

    >>「データ総研のシステム設計開発ソリューション」に関するお問い合わせはこちら!

    >> アプリケーション自動生成ソリューションセミナーはこちら!

    >> 要件定義策定ソリューションセミナーはこちら!

    >> 図面言語による 業務分析力・コミュニケーション力強化教育コースはこちら!

システムを取り巻く環境

ビジネスもシステム環境も激しく変化する現在、システムとビジネスとの連携は、これまで以上に重要な課題となっています。
システムは、低コストで、かつ、高品質であることが強く求められ、システム開発はより難度を増しています。
その対応策の1つとして、ERPパッケージをはじめとするパッケージ導入を検討される企業が増えています。
一般に、パッケージは手づくりに比べ、早く・安く・簡単にシステムが導入できることが期待されているわけですが、必ずしもすべての領域に適しているとは限りません。
特に、企業の独自ノウハウが培われている領域では、すべてパッケージのままというわけにはいかないことが多くあります。
だからといってパッケージにやたらにアドオンしたのでは、コスト・メンテンビリティ面で問題が生じ、パッケージ導入効果が半減してしまいます。
やはり、コアコンピタンスの領域では、パッケージ依存でない「手づくりシステム」がまだまだ健在です。
また、近年のシステム開発は、SCMやCRMなどの業務横断、あるいは企業横断など、大規模・複雑化の傾向にあります。
特に、コアコンピタンスの領域では、ビジネス競争優位獲得のために、そのノウハウをビジネスに生かせるシステムであり、ビジネス環境に即応できることが重要です。
しかし、企業の独自ノウハウが培われている領域は、対象業務そのものが複雑で、当事者以外はなかなか理解しにくいものも少なくありません。

システム開発に求められるソリューション

このように難度の高いシステム開発を「低コスト」で且つ「高品質」に行うにはどのような工夫をすればよいのでしょうか?
社内の業務・システムを知り尽くしているキャリアの長いメンバや、スーパープログラマなど、高スキルを持った技術者で開発することだけで解決するのでしょうか?
高スキルの技術者を適材適所に配置した体制や適切なプロジェクト管理は、どんなプロジェクトでも考慮すべきアプローチです。
しかし、どんなに優秀な人材をそろえて、プロジェクトを立ち上げたとしても、各自が独自のやり方で開発を進めてしまっては、作ることは早くできたとしても、メンテナビリティの低いシステムが出来上がってしまうことも少なくありません。
メンテナビリティが高く、保守効率の良いシステムにするには、何らかの統制が必要です。誰が作っても一定品質にするということは難度の高い問題です。プログラム記述の標準化・部品化も1つの解決策ではありますが、これだけでは設計仕様の品質という面には対応できません。
誰もが自然に実施でき、一定水準の品質統制がとれている状態にするためには、開発環境や体制にあった標準的な手順と成果物が定められなければなりません。

データ総研の考えるシステム設計開発とは

システムの品質は、上流工程の要件定義での仕様の品質が、大きな影響を及ぼします。
品質の良い要件定義を下流工程にシームレスに連携できる仕組みがあれば、開発生産性は格段に向上します。
データ総研の考えるシステム設計開発ソリューションは、「人材」「開発方法論」「ツール」の三位一体が重要であると考えています。
上流工程も含めた適切な開発方法論を情報システム部門で共有し、これに適合した開発ツールを適用して「高品質」「高生産性」の両立を実現いたします。

■開発方法論「PLAN-APL」

「PLAN-APL」は高品質・高生産性を追及した、オーダーメイドシステムのための設計開発方法論です。
上流から下流の主に設計工程を作成するドキュメントと手順の両面からマニュアル化しています。

■モデル技法「PLAN-DB(THデータモデル)」「PLAN-PROC(IPFチャート(プロセスモデル))」

工業製品や建築物の製造仕様と同様に「設計図(モデル)」と「部品表(定義表)」を利用して、必要最小限で品質の高いドキュメントで、コミュニケーションの効率を上げます。
データ総研では、「データ」と「プロセス」各々について、まずシステムではなく、対象業務の全体構造を図面(モデル)にまとめます。
データモデル技法「PLAN-DB」、プロセスモデル技法「PLAN-PROC」を使用し、曖昧な表現を許さない記述ルールにより、仕様理解に誤解を生じさせる原因を排除します。
業務を可視化する手段を共有できれば、ユーザとインテグレータ間で、誤解のない効率的なコミュニケーションが生まれます。

■仕様を上流工程から下流工程にシームレスに連携

DOAの適用で完成した高品質な業務仕様は、リポジトリに格納され、シームレスに下流工程に渡されます。
下流にあたる開発工程では、PLAN-APLに適合したツールと考え方を適用することで開発生産性の向上を実現します。
上流で品質が高く、整合性を保証されたデータが完成していることで、最小限のプログラミング作業で、効率的なプロトタイピング型の開発を実施することができます。
生産性を上げるには、リポジトリ(メタデータベース、データ辞書)は不可欠です。リポジトリに一元管理することで、保守性も向上します。
あいまいな定義を許さない適切なメタ構造は、各仕様書のドキュメント間の整合性を保証し、仕様変更などのメンテナンスも容易です。
少ない労力で、高品質な仕様を管理することができます。

■要件定義・システム設計工程の標準化と定着

システムの品質を左右する上流工程は、多くの場合作業標準がなく、属人的なスキルにたよっているのが実状です。
誰もが自然に実施でき、一定水準の品質統制がとれている状態にするためには、開発環境や体制にあった標準的な手順と成果物を定め、定着させなければなりません。
より実用的な標準化のために、弊社方法論・技法をカスタマイズし、各企業様個別環境に合わせた標準化、および、その定着・推進活動のための教育もご支援いたします。

もっと詳しく「データ総研のシステム設計開発ソリューション」を知るには…

    >>「データ総研のシステム設計開発ソリューション」に関するお問い合わせはこちら!

■定期開催:ソリューションセミナー

■定期開催:教育コース

■ホワイトペーパーライブラリ

■サービスリーフレット

■製品リーフレット

▲ページのトップへ