システム運用・保守の改善

株式会社データ総研 データ総研のオンサイト教育
製品案内 DMBOK ITコンサルティングサービス ITコンサルティング事例 紹介セミナー 教育コース 技術情報 DRIブログ 会社概要
データ総研のシステム運用保守プロセス改善ソリューション

システム運用・保守の課題を整理しよう

システム運用保守は本当につまらない?

システムの維持を担うシステム運用保守は、やっつけ、おもしろくない、花形ではない…というイメージがありませんか?
しかし、それは本当でしょうか?
今や情報システム抜きで業務は遂行できません。
システム運用保守は事業を支える重要な業務であり、ひとたびシステムが停止すると業務が遂行できないなど企業の存続にもかかわる大きな問題になります。
情報システムで事業を支えるためには、システム運用保守が最も重要な活動なのです。

実際、企業の情報システムは、企業間の競争の激化により、短期サイクルでの新サービスの投入や、多様化する顧客ニーズの実現、法/業界制度改革への対応など、システムの稼動後に様々なシステム運用保守業務が必要になっており、情報システム資産は、日々、複雑化・大規模化しています。
従来は、ユーザが業務の専門家、システム運用保守部門がシステムの専門家という位置づけでしたが、ユーザ自身も業務が見えなくなり、困っているのではないでしょうか?

これからは、情報システム部門からユーザ部門への改善提案もシステムにかかわる部分だけでは片手落ちです。業務を改善するアイデア出しから求められます。業務知識を磨き、「システムはこう変えられますから、業務をこう変えてはどうですか?」「システムの変更をしなくとも、業務をこのようにすれば、課題は解決するのではありませんか?」など、提案型のシステム運用保守を考える必要があります。
システム知識を持った上で、業務の相談を求められる…こんな存在になるよう、システム運用保守の仕事に対する認識を変えなければなりません。
そして、同時にプロセス自体の整備も必要です。
業務のシステム化が一巡した今、システムライフサイクルは、「システム運用保守工程」ありきでスタートすべきです。

システムライフサイクル図

システム運用保守 最大の問題点は?

システム運用保守は、多くの場合、要員のローテーションが難しく、属人性の高い職人芸的な領域になってしまっています。
新規システム開発は、技術が進歩し、様々なツールやフレームワークの登場によって生産性は格段に向上しています。
しかし、システム運用保守では技術の進歩があまり見られず、徒弟制度的な要員育成に頼っているというのが実態なのでしょう。
このような状況では、2012年問題への対応もできません。
知識・ノウハウの共有がシステム運用保守における最大の課題です。

システム運用・保守の課題


また、運用保守すべきシステムが増えれば増えただけコストが増加し、そのコストは減ることがないように思えます。
一方、サブプライム問題に端を発する現在の状況では、IT投資抑制はすべての企業の緊急課題でしょう。
多くの調査で運用保守コストがITコスト全体の70~80%を占めることが報告されています。

システム運用・保守のコスト


システム運用保守プロセスを改善できれば、大きな見返りが期待できるはずなのです。

保守プロセスの改善

データ総研のシステム運用・保守/プロセス改善とは

現代の企業の情報システム資産は、日々、複雑化・大規模化しています。
しかし、システム運用保守で必要とされる知識やノウハウは、素早い変更に対応するために、ドキュメントまで修正できず属人化してしまっていたり、要員の異動・退職などにより失われてしまうなど、情報システム運用保守業務を通じて獲得したナレッジの蓄積/共有が困難となっています。

データ総研のシステム運用保守プロセス改善ソリューションは、システム運用保守作業に必要なナレッジが、自然と蓄積されるプロセスを実現できるよう工夫されたソリューションです。

システム保守・運用のプロセス改善ソリューション図

システム運用保守効率化のためには、以下の知識の共有が必須です。

  • システム知識
  • 業務知識
  • システム運用保守案件歴

しかし、道具をそろえただけでは、うまくいきません。
まずは、以下のような標準・方針を定め、システム運用保守プロセスそのものの整備が必要です。

  • システム運用保守ドキュメント標準
  • システム運用保守プロセス標準
  • 知識・経験管理方針

そして、標準的なシステム運用保守プロセスを定めた上で、どのタイミングで、どの知識を利用するかを既定します。
その上で、「システム知識」や「業務知識」「システム運用保守案件歴」が自然と蓄積される仕組みを検討するのです。

これにより、以下のようなシステム運用保守のコストダウン実現も支援致します。

  • 影響箇所、変更箇所の特定などの運用保守工数の削減
  • ナレッジ共有による要員のローテーションによる人件費の削減
  • 全体最適の視点により、システム規模の削減

もっと詳しく「データ総研のシステム運用・保守/プロセス改善」を知るには…

システム運用・保守ソリューション

知識共有とコストダウンを実現するデータ総研のシステム運用・保守プロセス改善ソリューション

    >>「データ総研のシステム運用保守プロセス改善ソリューション」に関するお問い合わせはこちら!

    >> 定期開催セミナはこちら!

    >> オンサイトセミナはこちら!

システム保守プロセス改善セミナー


■定期開催セミナー

■セミナーレポート

■サービスリーフレット


■データ総研:システム運用・保守ブログ

▲ページのトップへ