» 情報システム部門メンバの必須スキル

株式会社データ総研 データ総研のオンサイト教育
製品案内 DMBOK ITコンサルティングサービス ITコンサルティング事例 紹介セミナー 教育コース 技術情報 DRIブログ 会社概要
情報システム部門メンバの必須スキル

「ITコンサルタント」としての必須スキルとは

企業変革を主導し、さらに、細かな要件に柔軟に対応するために、社内コンサルタントの活躍の場は広がっています。
ITコンサルタントは、経営戦略に基づき、業務改革に関わる課題を主にITの適用によって解決する主導的な役割を担います。
企業全体の事業・業務に関する基本的な知識を持ち、調査、分析、課題整理、解決策の導出のスキルが必要です。

データ総研では、ITコンサルタントが持つべき必須スキルを以下のように考えています。

  • ユーザーからのニーズを要件として適切に定義できる
  • ユーザーに受け入れられるサービスレベルを定義できる

これは、ITコンサルタントが、ユーザーとやりとりをする上で必要なスキルの最低ラインともいえます。


「ITコンサルタント」を目指す方へ お勧めスキルアップコース

データ総研では、コンサルティングを遂行する上での調査、分析、課題整理、解決策の導出の実証手法として、以下の教育コースを用意しています。

その他、ベーシックなコンサルティング・テクニックとして、以下の教育コースも用意しています。


関連情報を見る

「ITアーキテクト」としての必須スキルとは

ITアーキテクトは、性能要件・可用性要件・拡張性要件・運用保守要件などを考慮したうえで最適化されたシステムのグランドデザイン策定や基本設計を実施します。
業務システムに採用すべきアーキテクチャーを決め、そのアーキテクチャーの採用に責任を持つために、ITの要素技術を深く掘り下げ、本質を見極めるスキルが必要です。

データ総研では、ITアーキテクトが持つべき必須スキルを以下のように考えています。

  • ITベンダーが適切に理解できるRFP(提案依頼書)が書ける
  • ITベンダーからの提案書を正しく評価できる

これは、ITアーキテクトが、ITベンダーなどシステムインテグレータとやりとりをする上で必要なスキルの最低ラインともいえます。


「ITアーキテクト」を目指す方へ お勧めスキルアップコース

データ総研では、適切なRFPを作成し、ITベンダーからの提案書を正しく評価するための教育コースとして、以下を用意しています。

ITアーキテクトは、これを1つの基礎スキルとし、ベンダー認定技術など技術系スキルも強化する必要があります。


関連情報を見る

「プロジェクトマネージャ」としての必須スキルとは

プロジェクトマネージャーは、プロジェクトを目標達成に向けて、納期どおりに、且つ、予定内のコストで仕上げるために、リスクをコントロールし、プロジェクトの計画から実行の総合的な責任を持つ職務です。

データ総研では、プロジェクトマネージャーが持つべき必須スキルを以下のように考えています。

  • アクティビティの定義ができる
  • 工数・予算の見積りができる
  • リスク評価ができる

これらのスキルは、知識だけでなく経験が求められる性質のものもあります。


「プロジェクトマネージャ」を目指す方へ お勧めスキルアップコース

データ総研では、半年にわたる実践カリキュラム体験で、確実にプロジェクトマネジメント力をつける体験型教育コースとして以下を用意しています。

また、他社事例を知ることで、プロジェクトマネジメントスキルを習得していく、以下の研究会も主催しています。

その他、ベーシックなプロマネ知識として、PMBOKに対応した教育コースも用意しています。


関連情報を見る

情報システム部門メンバに求められる必須スキルとは

これからの情報システム部門は、変革を推進し、企業経営を支えるスキルとマインドを持つことが望まれます。
経営側もユーザ部門も、情報システム部門に期待することは、必ずしも、ITの技術的なスキルを極めていくことではなく、むしろ、様々な検討の場でのファシリテーターとしてのふるまい、ユーザと直接会話をして業務的な悩みを聞き出すなど、コミュニケーションスキルや業務知識を求められていることの方が大きいようです。


情報システム部門メンバとしての必須スキル習得 お勧め教育コース

データ総研では、企業システムを扱うコミュニケーションを効率的に行うためには、業務やシステム全体を見渡すスキルや、物事を構造的に理解するスキルが必須であると考えています。
これは、「ITコンサルタント」「ITアーキテクト」「プロジェクトマネージャー」に限らず、あらゆる職務に共通するスキルです。
そのために、業務を分析し可視化する技術、業務を構造化したモデルパターンで理解する技術を習得する、以下の教育コースを用意しています。

その他、ITに関する基本知識やユーザー業務に関する基本知識も、すべてのメンバが持っておくべき内容です。
以下の教育コースを用意しています。