» 情報システム部門の人材育成の方向性

株式会社データ総研 データ総研のオンサイト教育
製品案内 DMBOK ITコンサルティングサービス ITコンサルティング事例 紹介セミナー 教育コース 技術情報 DRIブログ 会社概要
情報システム部門の人材育成の方向性

「システムインテグレータ」から「ITコンサルタント」「ITアーキテクト」「プロジェクトマネージャー」への転進

データ総研は、情報システム部門メンバが、一定機関の教育や経験を経た後、最終的に目指すべきスペシャリストとして、「ITコンサルタント」「ITアーキテクト」「プロジェクトマネージャー」を考えています。
これは、情報システム部門が死守すべき機能を、企業経営を支援するシステムを構築するための、ユーザ部門とシステムインテグレータの「橋渡し機能」「目利き機能」と考えた場合、必要とする人材像と一致しているためです。

もっとも、この3つの職種は、必要な知識やスキルすべてが排他的なわけではありません。経験や教育を重ねた後、本人の希望や強みを生かし、どのような人材をどのように配備するのかの部門方針によって、当人をどの職種に軸足を置かせるのか、目指す方向の選択機会が必要です。

  • ITコンサルタント
    • 「経営戦略策定」から「戦略的情報化企画」までを担当します。
      ユーザから業務要件を聞き出し、経営戦略を踏まえた解決策を提案し、最適な業務やシステムを企画する人材
  • ITアーキテクト
    • 「戦略的情報化企画」から「開発」までを担当します。
      IT技術を評価し、製品の特性や能力を生かして、実現可能なシステムを企画する人材

このようなITコンサルタント、または、ITアーキテクトになるには、一定期間、開発、運用保守、ユーザー支援などの現場経験を経て、高いスキルを身につけるように目標設定していくことが必要です。

これに加えて、各種プロジェクトのマネジメントができる人材、プロジェクトマネージャーも必須の人材です。

  • プロジェクトマネージャ
    • 「戦略的情報化企画」「開発」「運用保守」のプロジェクト提案、立上げ、計画、実行、監視コントロール、終結を実施し、計画された納入物、サービスと、その要求品質、コスト、納期に責任を持つ人材

ITの重要性が増す中、IT部門のコア人材をどのように育成するかが、今後の競争力に大きな影響を及ぼします。
技術の「目利き」としてのITアーキテクトは社内に必要です。しかし、実装技術だけを追い求める「システムインテグレータ」の機能は必ずしも社内で保持すべき機能ではなくなってきています。
情報システム部門は、企業の問題解決を主導する「社内コンサルタント」や、IT関連技術を評価できる「ITアーキテクト」への転身が求められています。