品目別損益管理サービス

株式会社データ総研 データ総研のオンサイト教育
製品案内 DMBOK ITコンサルティングサービス ITコンサルティング事例 紹介セミナー 教育コース 技術情報 DRIブログ 会社概要
迅速な業績把握のための品目別損益管理サービス

適切な損益マネジメントを!

品目別の損益可視化で、真に採算性の高い製品を見極める!

グループ全体で、品目別コスト/利益計算の管理会計基準を統制し、商品/サービス別の損益を正しく把握できる状態を提供いたします。

「データ総研の迅速な業績把握のための品目別損益管理サービス」お問い合わせ

グループ全体での製品別損益、把握できていますか?

昨今の変化の激しいビジネス環境に即応するため、迅速な経営判断が求められています。
システムは、過去の実績データからの分析、原材料価格の急変や生産量調整などによるコストへの影響分析など、現在および将来の事業損益を見極める適切な判断材料を提供しなければなりません。

製造業の利益管理手法の基本は、部門別業績管理です。本来は製品単位とすべきですが、これがなかなか思うようにいかないのが現実です。
管理単位は、企業の実態に合わせた、標準原価と実際原価の掌握単位になります。その括りで原価計算をし、製造原価を把握する事になるのですが、この原価計算の単位が、結局のところ利益管理にも影響してきてしまうのです。

また、M&Aをはじめとする事業再編やグローバル化が進んでいます。
いざグループ全体での製品別損益を把握しようと思っても、最終的な外部への販売価格から「いくらの利益がでているか」をなかなか把握できない実態があります。
各企業や事業での原価管理、損益管理のやり方や管理単位が異なり、どのように踏襲すればよいか、悩まれていることはありませんか?

  • IT部門のコストが日本の本社管轄の工場では製品別に按分されているが、海外の一部の工場では、按分されずに販管費としてまとめて別立てになっているため、按分を行わない工場でつくったものが利益率が高く見えてしまう
  • コンテナ輸送で複数品目の物流を行う場合に、輸送経費の同梱品目への按分方法が、会社によって違う
  • 複数の調達先から同一品目を仕入れている場合、その品目の仕入価格の計算基準が会社によって異なる。
  • 調達先毎に同一品目に対して異なる品目コードが振られているため、仕入単価を横串で見れない
  • 販売する際にどこで調達し、どこで生産された商品であるか即座に把握できない

データ総研の迅速な業績把握のための品目別損益管理サービスとは?

ビジネス環境の変化が激しい現在、日本の製造業が生き残るためには、タイムリーな事業損益の把握が欠かせません。
データ総研の迅速な業績把握のための品目別損益管理サービスは、「製造コスト低減施策立案」「販売価格戦略立案」に紐づく、品目別の実態損益の可視化を実現します。
事業ごとに異なる原価損益管理の考え方やシステムをつなぎ、グループ共通の意思決定基盤を構築します。

データ総研が考える迅速な業績把握のための損益管理の5W

求められるシステム基盤とその整備作業

■標準実施工程

データ総研の迅速な業績把握のための品目別損益管理サービスの特徴

■グループ共通の意思決定基盤作り

企業や事業によって異なる原価損益管理を『グループ共通の品目コード』 『グループ共通の品目別コスト/利益計算の管理会計基準』によって統制します。
『経営から現場まで統一した基準』で作成された資料を提供することが可能です。

■各現場での業務は変えずにできる!

各拠点での業務の進め方は現状どおりのままとし、、本社主導で制定した基準による損益管理が可能です。
既存の損益計算基準とは別に、グループ共通の基準を新たに制定し、元データに対してその基準を適用して数値を計上するルールと仕組みを検討します。

■データマネジメント専門コンサルタントが最適解を提供

データ総研は創業以来、様々な業種においてデータ分析・設計・管理を中心にしたコンサルティングサービスを実施して参りました。そして、20年以上にわたる情報資源管理に関する技術研究やコンサルティングノウハウを体系化し、各種方法論にまとめております。

弊社コンサルタントは、このノウハウを全員が共有しています。
データマネジメント専門コンサルタントが、これまで蓄積されたノウハウ・知見を駆使しご支援します。

データ総研の迅速な業績把握のための品目別損益管理サービスをもっと知るには

■サービスリーフレット

■関連セミナー

■関連ソリューション

「データ総研の迅速な業績把握のための品目別損益管理サービス」お問い合わせ