データマネジメント ソリューション

株式会社データ総研 データ総研のオンサイト教育
製品案内 DMBOK ITコンサルティングサービス ITコンサルティング事例 紹介セミナー 教育コース 技術情報 DRIブログ 会社概要
データ総研のデータマネジメント ソリューション

情報活用ニーズの高まりとデータマネージメント

今まで、情報活用といえば、企業活動における収益の管理、SCMなどの特定業務の改善のためにデータを蓄積して分析するなど、企業内の意思決定や判断に使われることを目的としたものがほとんどでした。しかし、昨今では企業内に眠る膨大な量のデータや、世の中にあふれるソーシャルデータを利用して、新しいビジネスを展開していくなど、企業の利益に直結した情報活用が求められています。そのためには、常に品質の高いデータを整理整頓し、目的に応じて取り出しやすい状態にしておく必要があります。このような状態にするための活動全般が、「データマネージメント」と呼ばれているものです。

データマネジメントとは?

データ活用は長期的・継続的に行うことでビジネスに効果をもたらします。それを支えるためには、永続的にデータをマネジメントする仕組みが必要になります。データマネージメントとは、「データを登録・更新・活用する活動」および「活動を支えるための仕組み」のことを指します。「活動を支えるための仕組み」というと漠然としていますが、代表的でわかりやすい例をいくつかご紹介します。

  • データが持つ意味や業務ルールやデータ同士の関係性(データ構造)、データがどのシステムに所属しているのかが管理され、必要に応じて参照できること。
      ⇒メタデータ管理
  • データそのものを蓄積して維持管理し、必要に応じて取り出し、集計・分析できること。
      ⇒情報活用ソリューション
  • データが常に高品質に担保されている状態であること。
      ⇒データクオリティ管理
  • どのようにデータを管理していくべきなのかの青写真が描かれていること。
      ⇒データアーキテクチャ管理
  • 広く共通利用するマスターデータを一元的に統合管理し、常に正しく更新・運用できること。
      ⇒マスターデータ管理(MDM)

データをマネジメントすることの必要性は、実はなかなか理解されにくいものですが、特に以下の観点でとらえると理解しやすくなると思います。

資産たる扱い=マネジメントが必要

データ活用が、ビジネスへの効果及び競争優位性に力を発揮すると認識されて以降、徐々にデータは資産であると言われるようになりました。ヒト、モノ、カネは従来からマネジメントの対象であり、相応の体制やコストをかけて運営されていますが、データは、それらと同等な資産たる扱いがされていない、つまりマネジメントされていないという現実があります。データがビジネスに貢献する資産ならば、ヒト、モノ、カネと同様にマネジメントされてしかるべきではないでしょうか?

データ総研のデータマネジメントソリューション

データ総研はデータマネジメントの専門コンサルティングファームとして、以下の主要領域を様々なコンサルティングサービスによりサポートいたします。



領域 コンサルティングサービス(有料) セミナー(無料)
全般 コンサルティングサービス総合 データマネジメント
データアーキテクチャ管理 PLAN-EA
マスタデータ管理(MDM) MDMソリューション マスタ統合/コード統一/MDMセミナー
DWH/BI管理 情報活用ソリューション データ活用セミナー(BI/DWH偏)
データクオリティ管理 データクオリティマネジメントサービス
メタデータ管理

お問い合わせはこちら