ITコンサルティングナビゲーション

株式会社データ総研 データマネジメントの世界標準 DAMA-DMBOK 基礎教育コース
製品案内 DMBOK ITコンサルティングサービス ITコンサルティング事例 紹介セミナー 教育コース 技術情報 DRIブログ 会社概要
データ総研のコンサルティングサービス

データマネジメント ソリューション

データ総研は、DAMAインターナショナルより日本で初めてDMBOKの正式な教育機関として認定されました。4半世紀に渡る、これまでのモデリング技術や情報資源管理に関する研究やコンサルティング実績に、DAMA-DMBOKを組み合わせ、データマネジメント教育,データガバナンス,データクオリティマネジメントをご支援いたします。

当該ページ

関連セミナー

MDM (Master Data Management:マスターデータマネジメント)ソリューション

難度の高いマスタ統合・コード統一を、さらに一歩進め、『早く・安く・うまく実現できるよう工夫されたソリューションです。
マスタデータは、各業務でどのように使われているかを把握し、また、どのように使いたいかを決めて設計しなければならないため、現状調査や課題検討の範囲が大きくなる傾向にあります。
少ない作業量で効果的なコード統一・マスター統合をおこなえるよう、実践ノウハウから生まれた『方法論』『マスターテンプレート』を中核に、無理のない実現ステップを考え、MDM構築をサポートするトータルサービスです。

当該ページ

関連セミナー

システムコスト削減 ソリューション

データ総研のシステムコスト削減ソリューションは、ナレッジの共有を含め、情報システム部門の基礎体力・現場対応力を向上しながら、以下の5つの領域でのコスト削減をご支援いたします。

  • 更新系システムの開発
  • 参照系システムの開発
  • 情報連携システムの開発
  • 保守・運用
  • 全体最適をねらう企画

当該ページ

関連セミナー

システム運用保守プロセス改善 ソリューション

システム運用保守は、多くの場合、要員のローテーションが難しく、属人性の高い職人芸的な領域になってしまっています。必要とされる知識やノウハウは、素早い変更に対応を優先しているために、ドキュメント更新まで手がまわらなかったり、要員の異動・退職などにより失われてしまうなど、情報システム運用保守業務を通じて獲得したナレッジの蓄積/共有が困難となっています。
データ総研のシステム運用保守プロセス改善ソリューションは、システム運用保守作業に必要なナレッジが、自然と蓄積されるプロセスを実現できるよう工夫されたソリューションです。
これにより、以下のようなシステム運用保守のコストダウン実現もご支援致します。

  • 影響箇所、変更箇所の特定などの運用保守工数の削減
  • ナレッジ共有による要員のローテーションによる人件費の削減
  • 全体最適の視点により、システム規模の削減

当該ページ

関連セミナー

人材育成 ソリューション

情報システム部門は、企業活動を促進する触媒となり、企業経営を支えるスキルとマインドを持つことが望まれます。しかし、これだけビジネスの変化やITの進化が著しい環境では、情報システム部門に求められるスキル要件は、非常に見定めにくいことも事実です。
データ総研は、1985年の創立以来、わが国のリーディングカンパニー約260社を支援し、延べ10,000人を超える教育受講者実績があります。PLAN-DBをはじめとする設計技法や、800ものプロジェクト実績から生まれた方法論(PLANシリーズノウハウパッケージ)を基礎としたコンサルティングサービス、教育サービスを展開しています。

当該ページ

関連ページ

教育コース一覧

IT統制・情報システム戦略 ソリューション

情報システムをどのように整備しビジネスと連携させるかという課題の解決に寄与するものとして、エンタープライズ・アーキテクチャ(EA:Enterprise Architecture)が注目されています。
データ総研のIT戦略・情報戦略ソリューションは、このEAの手法を適用し、ビジネスの変化に追随しやすい情報システムの柔軟性確保のために、情報システム構造を全体最適化し、同時に情報システム構築の統制を図るソリューションです。

当該ページ

RFP(提案依頼書)策定 ソリューション

データ総研が行うRFP策定ソリューションは、次の工夫をして、RFP作成のスピードと要求仕様の品質保証に取り組んでいきます。

  • RFPにおける要求仕様の定義粒度の標準化
  • データ構造を重視した要求仕様の定義
  • RFPの要求仕様の定義を開発工程へシームレスに連携

開発ベンダ各社に、要求仕様に適合した提案書を作成させることができる、高品質なRFPを、スピーディに作成できるようご支援いたします。

当該ページ

関連セミナー

要件定義策定 ソリューション

データ総研の要件定義策定ソリューションは、手戻りによる無駄なコストを回避するために、システム化の目的・対象範囲を明確にする上流工程から重視します。その上で、システム構築関係者皆が同じレベルで理解できるよう仕様を可視化し、ユーザ要件を的確に捉えることが重要と考えます。
以下のような工夫により、システム開発のためのユーザ要件定義を、高品質に効率よく実施できるようご支援いたします。

  • コミュニケーション領域の切り分け
  • 図面言語で仕様を共有
  • 要件定義の標準化

当該ページ

関連セミナー

システム設計開発 ソリューション

システムの品質は、上流工程の要件定義での仕様の品質が、大きな影響を及ぼします。
品質の良い要件定義を下流工程にシームレスに連携できる仕組みがあれば、開発生産性は格段に向上します。
データ総研の考えるシステム設計開発ソリューションは、「人材」「開発方法論」「ツール」の三位一体が重要であると考えています。
上流工程も含めた適切な開発方法論を情報システム部門で共有し、これに適合した開発ツールを適用して「高品質」「高生産性」の両立を実現いたします。

当該ページ

関連セミナー