» RFP作成はどのタイミングで行う?

株式会社データ総研 データ総研のオンサイト教育
製品案内 DMBOK ITコンサルティングサービス ITコンサルティング事例 紹介セミナー 教育コース 技術情報 DRIブログ 会社概要
RFP作成はどのタイミングで行う?

 蒸し暑い日が続きますが、いかがお過ごしでしょうか?

 さて、皆さまはどのようなタイミングでRFP(Request For Proposal:提案依頼書)を
 作成されていますか?

 RFP作成のタイミングとしては、

  ・要件定義工程に入る前
  ・設計工程に入る前
  ・開発工程に入る前
  ・保守工程に入る前

 などが考えられますが、どこまでを自分たちで実施し、どこからを外部に
 委託するのかについては、与えられたミッションによって異なります。
 また個々のプロジェクトによっても、RFPの適用範囲が異なります。

 そのため、多くの企業では、個別プロジェクト対応でRFPを作成しており、
 標準的なRFP作成ルールが無いのが一般的です。
 結果、RFPの良し悪しは、作成担当者次第となってます。

 RFPは、外部業者に、自社の現状、要望を伝え、よりベターな解決策を
 提案をしてもらうためのドキュメントです。

 データ総研では、これまでのRFP作成ご支援の経験から、
 押さえておかなければいけない成果物と、その作成手順を
 「PLAN-RFP」という方法論にまとめてます。

 今回はこの「PLAN-RFP」を体系的に学び、
 演習を通じて体験するコースをご紹介します。

 ユーザー部門/IT部門問わず、RFPを作成するご担当者にお奨めします。

 ┏━★おすすめオープンカレッジ★━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ┃
 ┃ 8/26(火) 10:30-17:30 開催
 ┃ なぜFITする提案がこないの?
 ┃ 良い提案を引き出すためのポイントがわかります!
 ┃ http://www.drinet.co.jp/seminar/college/co05.html
 ┃
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

データ総研 コンサルタント