» RFP作成の3つの勘所!

株式会社データ総研 データ総研のオンサイト教育
製品案内 DMBOK ITコンサルティングサービス ITコンサルティング事例 紹介セミナー 教育コース 技術情報 DRIブログ 会社概要
RFP作成の3つの勘所!

 12月は来期予算が確定し、新しいプロジェクトに向けた準備期間です。
 今やるべきことは、「必要な人材」を育てることです。
 準備にどのくらい力を注いだかで、プロジェクトの命運が決まることは
 言うまでもありません。

 それでは、何から学べば良いでしょうか?
 真っ先に「RFP作成の技術」を学ぶべきです。
 ほとんどの企業では、システム開発はベンダーの協力なしにできないため、
 RFPを作成することは明らかです。
 
 実際にRFPを作成することになりましたら、最低でも次の3つの視点は
 押さえてください。
 
  ①RFPをベンダーへ提示する2つの目的
    ・課題への対応方法の提案を求めること
    ・対応前にあらかじめその費用の概算を提示させること

  ②工程に応じて見積金額の算出要素が異なること
   <要件定義前のRFP>
    ・要件定義は情報要求を確定させることが目的となるため、
     「エンティティ」の数と性質による算出が必要不可欠
   <要件定義以降のRFP>
    ・一般的な見積手法であるCOCOMOやFP法による算出が可能

  ③ベンダーからの提案内容で外せないチェック
    ・自社のITガバナンスのルールに適合しているかチェックすること
 
 しっかり学習されたい方は、RFP作成の体験コースをご用意しておりますので、
 こちらを受講されることをお奨めします。
 未経験者が作成できるようになるためのコースとなっておりますので、
 誰でも受講することができます。
 また、グループワークを通じて、他社との情報交換もできます。
 この時期を上手く活用して、一緒に学んでみませんか。

 ┏━★RFP作成ノウハウコース★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ┃
 ┃ 2/17(火)10:30 - 17:30 開催
 ┃ なぜFITする提案がこないの?
 ┃ 良い提案を引き出すためのポイントがわかります!
 ┃ http://www.drinet.co.jp/seminar/college/co05.html
 ┃
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

データ総研 コンサルタント