» IT’S TOP FIVE TRAINING MISTAKES (その1)

株式会社データ総研 データ総研のオンサイト教育
製品案内 DMBOK ITコンサルティングサービス ITコンサルティング事例 紹介セミナー 教育コース 技術情報 DRIブログ 会社概要
IT’S TOP FIVE TRAINING MISTAKES (その1)

今月から人材育成に関するブログを立ち上げることになりました。本日が最初の一稿となります。今このページを見てくださっている方々、これからよろしくお願いいたします。
少し古い話になりますが、「COMPUTERWORLD」の2008年4月28日号に「IT’S TOP FIVE TRAINING MISTAKES」(ITのトレーニングにおける間違いトップ5)という記事が載っていました。記事の内容はIT部門員に対するトレーニングではなく、IT部門が実施するユーザ向けトレーニングについてでしたが、これらはIT部門員の育成をする際にも当てはまる部分があるかと思いましたので取り上げてみます。5つの間違いは以下の通りです(原文の英語をざっくり訳しています)。
【1】トレーニングが後付けで考えられる
【2】受講者と感覚がずれている
【3】標準的なトレーニングの型に従わない
【4】ビジネスの文脈から外れてトレーニングを行う
【5】他部門と協力関係を築こうとしない
 まず【1】ですが、ユーザ部門向けのトレーニングの話では、新しい案件を計画する時に総コストの中に教育予算を組み込まずにいることが書かれています。予算が厳しいので、たとえ考慮してもその金額は過少であることが多いようです。また、後付けで考えるため、カットオーバー後のトレーニング計画がしばしば失敗することも書かれています。トレーニングが実施されるころにはユーザはシステムに慣れ始めており、基礎的なトレーニングがマッチしないことも良くあるとか。
これをIT部門員の育成に(ちょっと強引ですが)当てはめると、「計画的な人材育成を考えていますか?」という話になるでしょうか。その場その場で必要になった時に慌てて外部の講座を探したりするのではなく、
・社内のキャリアパスに沿った適切な研修コースを適切なタイミングで提供する
(外部の講座も含めて)
・中長期でシステム部門が抱える案件に応じて、事前に必要な知識の習得を計画する
というようなことを、予算の確保も含めてしっかりする必要があります。
 
極めてもっともなことですが、いわゆる泥縄的な発想ではなく、ローンでも人材育成でも、「計画的」に実行することが大事ですね。
 
本日はここまでとします。続きは次回以降に・・・

データ総研 コンサルタント