» IT’S TOP FIVE TRAINING MISTAKES(その3)

株式会社データ総研 データ総研のオンサイト教育
製品案内 DMBOK ITコンサルティングサービス ITコンサルティング事例 紹介セミナー 教育コース 技術情報 DRIブログ 会社概要
IT’S TOP FIVE TRAINING MISTAKES(その3)

さて本日も引き続き「IT’S TOP FIVE TRAINING MISTAKES」(ITのトレーニングにおける間違いトップ5 :出典COMPUTERWORLD 2008年4月28日号)をIT部門の人材育成に当てはめてみます。本日は【4】と【5】についてです。
【1】トレーニングが後付けで考えられる
【2】受講者と感覚がずれている
【3】標準的なトレーニングの型に従わない
【4】ビジネスの文脈から外れてトレーニングを行う
【5】他部門と協力関係を築こうとしない
【4】は【2】に近いですね。ITの教育に際しては、導入するシステムやツールの操作方法を教えるにとどまってしまい、どうやって既存のビジネスの仕組みを強化すればよいかを教えないことがあります。それ(システム、ツールなど)を導入する目的を忘れて、導入するものについての説明に終始してしまうことではいけませんね。技術に関する知識に自身がある人ほど、こういった傾向があるようです。
IT部門員に対する教育でも、なぜ、どのような目的で教育するのかを明確にして、その目的に適った内容の教育を実施しましょう。社内の標準を教えるのであれば、標準を利用してどういう結果が出るようになって欲しいのか、そのためには標準の内容を伝えるだけでよいのか。そういったことを事前に考慮して教育の内容を決めないといけません。
【5】で言われているのは、教育を良いものとするためには、IT以外の領域について必要なことは他部門と協力すべきであるということです。例えば、自社で普段から人材育成を担当している部署(人事や社内の業務教育担当など)と積極的に協力しあうことで、ITの視点だけでなく、業務の視点や一般的なトレーニングの方法論を持ち込むことが可能になります。
これをIT部門員への教育に当てはめると、どうなるでしょう。IT部門員への社内教育はIT部門内の人材育成担当が計画を立てることが多いでしょうか。協力を仰ぐのは、ユーザ部門であったり、IT部門内の他部署であったりするでしょう。または協力会社の人かもしれません。IT部門員が必要とする教育には、ITに関してだけでなく、業務知識、ビジネススキルなど幅広い分野がありますので、必要に応じて社内の有識者や社外の専門家からの協力を積極的に仰ぐことでより高い効果を得られるようにしましょう。
 今回でIT’S TOP FIVE TRAINING MISTAKESをもとにした話は終わりです。今後も人材育成に関連するような興味深い記事がありましたら御紹介していきたいと思います。

データ総研 コンサルタント