» 自動化ツールを活用したシステム開発ってどのように進めれば良い?

株式会社データ総研 データ総研のオンサイト教育
製品案内 DMBOK ITコンサルティングサービス ITコンサルティング事例 紹介セミナー 教育コース 技術情報 DRIブログ 会社概要
自動化ツールを活用したシステム開発ってどのように進めれば良い?

 秋らしい秋を楽しむ間もなく、あっという間に冬将軍が到来してきました。
 みなさんはもう衣替えや、インフルエンザの予防接種など、冬支度は
 済ませたのでしょうか? 風邪などひかないように気をつけて下さい!
 
 さて、今回はツールを活用した「システム開発方法論」のお話です。

 巷で噂になっている『GeneXus』というツールがあります。 
 「業務モデル」を確定すれば、画面やテーブルの構築を自動でやって
 くれるという夢のツールです。

 でも、実はこの「業務モデル」の設計がなかなか難しかったりします。
 必要なのは、「データ項目名の一元管理」と「データ項目間の粒度調整」
 です。要はデータモデルによる事前の整理が重要になります。

 以下のオープンカレッジでは、『GeneXus』を活用した際の、
 もっとも効率的な「システム開発方法論」を解説します。
 業務要件をどのようにまとめ、その結果をどうツールに投入するか?
 結果をツールに乗せた後に、どのように作り込みを行って、
 システムを完成させるか?

 システム開発のための一連の手順、成果物、ポイントを解説します。

 ┏━★おすすめオープンカレッジ★━━━━━━━━━━━━━━━━
 ┃
 ┃ 12/11(火)13:30-17:30 開催
 ┃
 ┃ 『GeneXus』を使って、業務要件定義からシステム開発/テスト
 ┃ までを品質高く最短で行うことを目的としたシステム開発方法論
 ┃ の解説コースです。
 ┃ 『GeneXus』ユーザーの方、もしくは、これから『GeneXus』の
 ┃ 導入を検討されている方にお奨めです。
 ┃ 
 ┃  『PLAN-APL for GeneXus 解説コース』
 ┃ http://www.drinet.co.jp/seminar/college/co20.html
 ┃
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

データ総研 コンサルタント