» 米国で導入が進む「データ管理の専門職」

株式会社データ総研 データ総研のオンサイト教育
製品案内 DMBOK ITコンサルティングサービス ITコンサルティング事例 紹介セミナー 教育コース 技術情報 DRIブログ 会社概要
米国で導入が進む「データ管理の専門職」

先月号では「Enterprise Data World」(以下EDW)の概要をお届けしました。

そのEDWでは、毎年、その年の主要トピックに則したキーノートが講演されます。
今年は「①セキュリティ、②CDO、③エンジニアの生き方」の3本でした。

その中から、今月号では「②CDO」を取り上げたいと思います。

CDOとはChief Data Officer(チーフデータオフィサー)の略語です。
日本語では「最高データ責任者」と訳されます。
CDOは日本ではまだ馴染みがなく、CIOの役割と混同されがちですが、
海外、特にアメリカでは、データ管理の専門組織「チーフデータオフィス」と
共にこの役職の導入が進んでいます。
有名どころでは、米Yahoo社が早くに採用しています。
データスチュワードの採用が進んだ企業では、領域別のスチュワードと、彼らが
責任を持っているデータを全社的に統括する役割/組織が必要となりました。
それがCDOでありチーフデータオフィスです。

今年のEDWでCDOのキーノートを講演したのは、アメリカの中央銀行に相当する
「連邦準備理事会(FRB)」のCDOでした。

FRBでは、CDOを中心に、従来の企業レポートや経済統計年鑑に加え、
スタートアップ企業活動やWeb上のC2C取引まで、米国に関するあらゆる経済活動の
データを収集しています。
こうしたビッグデータを単に蓄積するだけでなく、整理・統合から、分析を経て、
FRBの施策へのフィードバックを行っているそうです。
講演の最後の、「今後は、各国の中央銀行のCDOと連携していく予定である」という
発言が非常に印象的でした。

日本でも、ようやくデータマネジメントとその活用の重要性が認識されてきましたが、
まだ実践に至っている企業は多くありません。
今後は、ますますグローバル化が進み、FRB等の海外CDO機関と交流する機会も
増えると思います。
そう遠くない未来に備え、日本企業もデータマネジメントのPDCAを回すためにも、
データ管理の組織・役割を、きちんと整備していかなくてはならないと感じました。

■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

先日アップルのジョナサン・アイブが「CDO」に就任したというニュースがありましたね。
ただ、こちらはChief Design Officer(チーフデザインオフィサー)です。
頭文字略語は何とも紛らわしいですね。
ちなみに、日本語訳では「最高デザイン責任者」です。

データ総研 コンサルタント