» 現状分析の結果をどう活用すれば良いの?

株式会社データ総研 データ総研のオンサイト教育
製品案内 DMBOK ITコンサルティングサービス ITコンサルティング事例 紹介セミナー 教育コース 技術情報 DRIブログ 会社概要
現状分析の結果をどう活用すれば良いの?

 10月も中盤に差し掛かり、やっと秋らしくなってきましたね。
 紅葉も大分進み、夏の暑さの一服感を感じます。

 さて多くの企業様では期も変わり、新たな開発案件に着手しようと
 されている方も多いのではないでしょうか?

 10/2に開催した弊社「RFP策定ノウハウ」セミナも満員御礼でした。
 ご参加をお断りさせて頂いた方、申し訳ございません。
 是非、次回開催にご参加下さい。

 ■━ 満員御礼 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
 ┃
 ┃【10/2 開催】「RFP策定ノウハウ」セミナ
 ┃
 ┃★次回開催★
 ┃ 日時:2013/1/9(水)10:00~12:00
 ┃ 場所:データ総研 セミナールーム
 ┃ 費用:無料
 ┃ お申込み:以下弊社ホームページよりお申込み下さい
 ┃ http://www.drinet.co.jp/seminar/solution/so04.html
 ┃ 
 ┃ ※多数のご参加が予想されますので、お早めにお申込み願います
 ┃ 
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

 
 さて、これまで弊社のデータモデリング教育コースを受講頂いた方は、
 12,000名様程いらっしゃいます。

 「データモデルは一応描けるよ!」という方も大分増えて参りましたが、
 「じゅあ、新規設計もばっちりですね?」とご質問をさせて頂くと、
 「いや、それはちょっと・・・」という方が結構いらっしゃいます。

 システム開発の真の目的は「業務を実現すること」です。
 しかし昨今「業務」を取り巻く環境の変化は激しく、システムサイドは、
 如何に「柔軟かつ迅速に対応できるシステム」を考案し、業務サイドに
 提案していくか、が肝となります。

 そのためには、業務を「理解」し、「問題整理」し、「解決策」を
 講じるスキルが不可欠です!

 以下のオープンカレッジでは、そのポイントを分かりやすく解説し、
 これまで身につけて頂いた「データモデリングスキル」の更なる向上を
 目指します。

 ┏━★おすすめオープンカレッジ★━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ┃                          
 ┃ 11/15(木)9:30-17:30 開催      
 ┃
 ┃ 新規業務設計とは具体的にどのように実施すれば良いの?
 ┃ 課題認識から解決策の検討、新規設計までのポイントがわかります!
 ┃ 『業務課題検討とデータ設計コース』
 ┃ http://www.drinet.co.jp/seminar/college/co15.html
 ┃
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

データ総研 コンサルタント