» 江戸時代の商人のお仕事とは?

株式会社データ総研 データ総研のオンサイト教育
製品案内 DMBOK ITコンサルティングサービス ITコンサルティング事例 紹介セミナー 教育コース 技術情報 DRIブログ 会社概要
江戸時代の商人のお仕事とは?

 11月も半ばとなり、気温もだいぶ下がって参りました。
 風邪を引きやすい季節なので、お鍋などで体を温めるなどして、
 体調管理には十分にご留意ください。

 
 さて、突然ですが、皆さんは江戸時代の商人がやっていた仕事について、
 どのようなイメージをお持ちですか?
 おそらく、店主が店の前にいて、人気商品をお客様に説明したり、
 道行く人に声掛けをしている、そんなイメージを持たれるかと思います。

 では、実際に商品を販売した時の「業務」は、どうでしょうか?
 お客様が商品を買ってくれたら、店主が和紙でできた売掛台帳に筆で、
 「いつ、誰に、何が、いくつ、いくらで」売れたのかを記載したはずです。
 また、場合によっては、「届け先はどこで、どんな方法(例:飛脚等)で、
 いつまでに納品するか?」なども記載していたかもしれません。

 実はこの和紙に筆で書いた売掛台帳が、現在の「データベース」です。
 何に書くかは技術の進歩で変わりますが、「業務」そのものは現在と
 それほど変わりはありません。

 このように移り変わる技術に左右されることなく、「業務」に着目し、
 その本質的な構造を探っていくのが、弊社の「概念データモデリング」です。
 (データベースのテーブル構造を設計することを、「データモデリング」と
 言ったりする場合もありますが、根本的に異なります。)

 業務の構造を可視化し、業務の本質を理解されたい方は、
 是非、弊社の「概念データモデリング」のスキルを学んで頂ければと思います。
 本カレッジでは、演習を多くとり、実際の作業を通じて、
 分析手順やポイントを学んで頂きます。

 ┏━★おすすめオープンカレッジ★━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ┃ 
 ┃ 12/11(水)-12/13(金) 9:30-17:30 開催 
 ┃
 ┃ 業務がどうなっているのか良くわからずモヤモヤする。。
 ┃ 業務の構造を効率的に把握し、表現するスキルが身につきます!
 ┃  『データモデリング基礎と演習コース』
 ┃ http://www.drinet.co.jp/seminar/college/co01.html
 ┃
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

データ総研 コンサルタント