» 新規業務設計における検討の視点とは?

株式会社データ総研 データ総研のオンサイト教育
製品案内 DMBOK ITコンサルティングサービス ITコンサルティング事例 紹介セミナー 教育コース 技術情報 DRIブログ 会社概要
新規業務設計における検討の視点とは?

 厳しい残暑が続いており、秋の訪れが待ち遠しい頃ですが、
 いかがお過ごしでしょうか?

 さて、皆さまは新規業務設計における検討を、どのような点に着目して
 行ってますか?

 おそらく、ユーザーの要求に着目して、その要求を満たすための実現方法を
 具体的に検討されていると思います。

 では、このメカニズムについて少しご紹介します。

 まず、『現状』と『要求を満たしている状態』の間には必ず『GAP』が生じます。
 『GAP』は『課題』として認識します。
 この『課題』に対して『解決』していく過程が実現方法の検討となります。

【それぞれの要素の関係】
 
  『要求』
    ↑
    ・・・・GAP=『課題』←『解決案1、2・・・n』
    ↓
  『現状』

 このように課題を見出して、1つ1つ解決方法を決めていく必要がありますが、
 どの会社でも起こりえそうなインパクトのある課題については、
 解決のセオリーがあります。
 弊社では長年培ってきました『データ視点』で課題パターンとその解決方法を
 まとめたノウハウがあります。

 今回は、このノウハウが学べるコースをご案内します。

 業務改革推進をご担当されている方にお奨めのコースです。

 ┏━★おすすめオープンカレッジ★━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ┃ 
 ┃ 9/11(水) 9:30-17:30 開催
 ┃
 ┃ 新規業務設計って一般的にどうやってやってるの?
 ┃ 課題抽出の視点と解決方法を理解できます!
 ┃  『業務課題検討とデータ設計コース』
 ┃ http://www.drinet.co.jp/seminar/college/co15.html
 ┃
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

データ総研 コンサルタント