» 円滑なコミュニケーションは視点で決まる

株式会社データ総研 データ総研のオンサイト教育
製品案内 DMBOK ITコンサルティングサービス ITコンサルティング事例 紹介セミナー 教育コース 技術情報 DRIブログ 会社概要
円滑なコミュニケーションは視点で決まる

 ユーザーと円滑にコミュニケーションが取れている人と、そうでない人の
 違いは、自己啓発セミナー等で言われているような「プレゼンスキル」の
 差によるところが大きい、と思われている方が多いのではないでしょうか?
 例えば「結論ファーストで話しましょう」などです。
 しかし、これはハウツーの話です。

 本質的な違いは、「いかにユーザーの業務を理解しているか?」です。
 なんとなくユーザーの業務を理解しているだけの人は、例えうまく立ち
 回る事ができても、本質的なコミュニケーションには発展しません。
 円滑にコミュニケーションが取れている人を観察してみると、その違いが
 良くわかります。

 それでは、”できる人”と”できない人”の違いはどこから来るのでしょうか?

 それは、たくさんの業務知識の中から「IT部門に必要な業務知識は何か」を
 きちんと押さえていることです。
 つまり、どのような視点を押さえれば業務を理解していることになるかを
 ”できる人”は知っているということです。
 結果として、同じ経験をしていても、理解の差は大きく広がります。
 
 IT白書2013によるとIT部門に求められるスキルの上位に「顧客(業務)に
 関する分析力」がランクインしました。
 まさに、業務をきちんと把握・分析するスキルを身につけることが、
 求められています。

 今回は、この”できる人”の視点を習得できるコースをご紹介します。
 情報システム部門・SIerの若手・中堅社員にお奨めです。
 
 特別開催コースとなっておりますので、是非このチャンスをいかして
 習得してください。

 ┏━★業務知識とデータモデルパターン習得コース★━━━━━━━━━━━
 ┃ 
 ┃ 11/18(火)- 11/19(水) 9:30 - 17:30 開催
 ┃ 業務の基本的な構造を「型」で理解していると強い!!
 ┃ コンサルタントが持っている視点を伝授します。
 ┃ http://www.drinet.co.jp/seminar/college/co23.html
 ┃
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

データ総研 コンサルタント