» 人工知能&ロボット時代のIT人財育成

株式会社データ総研 データ総研のオンサイト教育
製品案内 DMBOK ITコンサルティングサービス ITコンサルティング事例 紹介セミナー 教育コース 技術情報 DRIブログ 会社概要
人工知能&ロボット時代のIT人財育成

2015年の12月に、野村総合研究所が10~20年後に日本の労働人口の49%が人工知能やロボット等で代替可能になるという試算結果を発表しました。
https://www.nri.com/jp/news/2015/151202_1.aspx

この試算は、独立行政法人 労働政策研究・研修機構が、アンケート調査により職業を構成する各要素を定量分析した、601種類もの職業を対象にしていますが、人工知能やロボット等による代替可能性が高いとした100種の職業の中に、IT分野の職業としては、電子計算機保守員(IT保守員)が含まれていました。
野村総合研究所の発表は、2014年に英オックスフォード大学のマイケル・A・オズボーン准教授が発表した論文の日本版という位置付けですが、本家の発表でも、今後10~20年程度で米国の総雇用者の約47%の仕事が自動化される可能性が高い、という結論に至っています。
必ずしも、全てがこの試算の通りになるという訳ではないと思いますが、今後は様々な職業でクリエイティビティが必要になるという点では、とても考えさせられる発表内容と言えます。
なお、労働政策研究・研修機構の研究内容とマイケル・A・オズボーン准教授の論文は以下URLから参照できます。
http://www.jil.go.jp/institute/reports/2012/0146.html
http://www.oxfordmartin.ox.ac.uk/downloads/academic/The_Future_of_Employment.pdf

それでは、企業のIT部門員に今後求められるスキルとはなんでしょうか。
IT部門は人工知能やロボットの導入を検討する立場なので、仕事の全てが人工知能やロボットに代替される心配は少ないと思いますが、逆に人工知能やロボットの導入を見誤れば、IT部門の企業における立場は危うくなるでしょう。
また、IPAのIT人材白書2016年によると、企業が今後IT部門に期待している役割としては、「ITガバナンスの強化」、「現行ビジネスをITで拡大/変革する取り組み」、「新たな事業やサービスをITにより創出する取り組み」の割合が他に比べて高く、現在と今後の
両方において、回答者の7割以上が「業務・システムの全体最適化」を期待しているという結果が出ています。
やはり、クリエイティビティは今後のIT部門にも必要なスキルと言えそうです。
加えて、事業全体の技術を俯瞰し、全体を設計する能力と、IT統制を実現する能力も、ますます重要になってくるでしょう。

弊社ではデータガバナンスを担うデータアーキテクトの養成コースや、企画提案力の強化コースなどのIT人財育成コースをご用意していますが、今後は、IT部門を取り巻く環境の変化に対応しつつ、もっとお客さまのニーズに応えることができる教育コースを作っていかなければいけないと、再認識いたしました。
もちろん、これまでの教育コースも、お客さまの人財育成に貢献できると自負しておりますので、ぜひ教育メニューの候補に加えていただければと思います。
http://www.drinet.co.jp/training

データ総研 コンサルタント