» ユーザーが情報システムに求める事とは?

株式会社データ総研 データ総研のオンサイト教育
製品案内 DMBOK ITコンサルティングサービス ITコンサルティング事例 紹介セミナー 教育コース 技術情報 DRIブログ 会社概要
ユーザーが情報システムに求める事とは?

 9月も半ばとなり、少しずつですが秋が近づいてきました。
 みなさま、如何お過ごしでしょうか。
 
 さて、今回はユーザーが情報システムに何を求めており、それをどのように
 まとめるか、を考えてみます。

 ユーザーは、最終的には「こういう画面や帳票をこのタイミングで欲しい」
 と言っています。もちろん、登録する画面も必要です。
 これら画面や帳票を「I/O(アイオー。Input/Outputの略)」と呼ぶ
 ことにします。

 この「I/O」に対して、以下3点を明らかにすることで、
 ユーザーが情報システムに求める「要件」を定める事ができます。

 ①そのI/Oは、誰がいつどんなタイミングで何のために使うのか?
 ②そのI/Oは、どのようなデータが部品として使われているのか?
 ③部品として利用されるデータ同士は、どのような関係を持っているのか?

 ①はI/Oの位置づけや仕様用途を明確にする事が目的であり、
 「業務プロセス図」に記載されます。
 
 ②と③は、データを構造的に捉え、関係性を明確にする事が目的であり、
 「データモデル図」に記載されます。
 
 今回は、この「業務プロセス図」と「データモデル図」の作成方法や
 活用方法が学べるコースをご案内します。

 ユーザーと喧々諤々、要件を詰めているご担当者にお奨めのコースです。

 ┏━★おすすめオープンカレッジ★━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ┃ 
 ┃ 9/25(水)-9/26(木) 10:00-17:30 開催
 ┃
 ┃ 何を聞いて何を伝えればいいの?
 ┃ 業務ヒアリングのポイントがわかります!
 ┃  『業務分析力・コミュニケーション力強化』
 ┃ http://www.drinet.co.jp/seminar/college/co02.html
 ┃
 ┃
 ┃ 10/16(水)-10/18(金) 9:30-17:30 開催
 ┃
 ┃ 業務がどうなっているのか良くわからずモヤモヤする。
 ┃ 業務の構造を効率的に把握し、表現するスキルが身につきます!
 ┃  『データモデリング基礎と演習コース』
 ┃ http://www.drinet.co.jp/seminar/college/co01.html
 ┃
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

データ総研 コンサルタント