» モデリング技法を活用したコミュニケーションで業務ルールの理解を促す

株式会社データ総研 データ総研のオンサイト教育
製品案内 DMBOK ITコンサルティングサービス ITコンサルティング事例 紹介セミナー 教育コース 技術情報 DRIブログ 会社概要
モデリング技法を活用したコミュニケーションで業務ルールの理解を促す

 記録的な大雪が日本各地に猛威を振るっております。雪に弱い東京では、
 交通機関は早々に麻痺し、停電も頻発してしまいました。
 インフラの重要性を再認識した次第です。

 さて、今回は業務分析をする上でインフラとなる、モデリング技法を
 活用したコミュニケーションについてご紹介したいと思います。
 
 一般的にモデリング技法と言うと、ERモデル図などのデータベース設計
 のためのドキュメントを想像される方も多いかと思います。

 しかしデータ総研が30年近く前に開発し、ブラッシュアップを続け、
 実際のコンサルティング現場で使用しているモデリング技法は、一旦
 システム設計から離れ、「業務ルール」を詳細に記述することを主眼に
 置いてます。

 具体的には、業務を「ステークホルダー間の情報(=意味あるデータの
 集合)の伝達」と捉え、①どのような情報か? ②いつ、どんな頻度で、
 誰から、誰に、どんな形式で伝達されるのか? ③その一つ一つの情報が
 どのようなデータの組み合わせでなりたっているのか? という3つの
 側面からアプローチします。

 それぞれは
 ① I/O(Input/Output。画面・帳票等)
 ② IPF(インフォメーション・プロセス・フロー)チャート
 ③ TH(椿-穂高)データモデル図
 というドキュメントで表現されます。

 今回は、これらドキュメントがどのような関係を持ち、②、③をどのように
 作成し、そこからどのように業務ルールが読めるのか?を学んでいただく
 オープンカレッジのご紹介です。

 システム担当者間、もしくはユーザーとのコミュニケーションに悩みを
 抱えていらっしゃる方におすすめのコースとなっております。

 ┏━★おすすめオープンカレッジ★━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ┃
 ┃ 3/6(木)-3/7(金) 10:00-17:30 開催 
 ┃ 何を聞いて何を伝えればいいの?
 ┃ 業務ヒアリングのポイントがわかります!
 ┃ 『業務分析力・コミュニケーション力強化』
 ┃ http://www.drinet.co.jp/seminar/college/co02.html
 ┃
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

データ総研 コンサルタント