» マネーボール

株式会社データ総研 データ総研のオンサイト教育
製品案内 DMBOK ITコンサルティングサービス ITコンサルティング事例 紹介セミナー 教育コース 技術情報 DRIブログ 会社概要
マネーボール

7月よりデータマネジメント通信としてメール配信を開始しました。

第1回はマネーボールを取り上げます。

先日、私の娘が「お父さんの仕事がどのように役立っているか知りたい」と言う
ので、「マネーボール」という映画を借りてきて彼女に見せ、「データ活用が
球団経営にどう役立っているか」説明しました。

ご存知の方も多いと思いますが、「マネーボール」は、ブラッド・ピット主演の
映画です。
彼の役どころは、オークランド・アスレチックスのジェネラルマネージャです。
セイバーメトリクスという野球選手の評価方法をつかって、予算の少ない球団が
パフォーマンスの良い野球選手を獲得し、強いチームを構築するお話です。
たとえば、いままであまり注目されていなかった「出塁率(従来は打率を重視
していた)」というKPIに焦点をあてることで、コストパフォーマンスの良い
チームを編成する例が描かれています。データの視点でみると高い能力の選手を
低い年俸で雇えるように、あるいは、低い能力の選手を高い年俸で雇うことが
ないように、支出を最適化するわけです。

この事例を使って、データマネジメントの重要性やKPIを使った業務改善などを
説明し、私の仕事の有効性を娘に説明したのですが、少しハードルが高すぎました。
彼女は野球のルールがわからなかったため、「打率」や「出塁率」の意味的な
違いを説明するのが大変で、時間切れで説明しきれませんでした。
(やはり、データ定義は必要だ!いや、映画を借りる前に野球を知っているか確認
すべきだった!)

特徴のあるKPIを設定し業務を改善することは、企業の競争優位を獲得することに
貢献します。マネーボールの例で言えば、そのKPIを見ているうちに、どのような
チームになるか、どのような作戦で戦うかも浮き彫りになります。このあたりが
データマネジメントの醍醐味だと、私は感じています。
以下はマネーボールに関するwikiのページです。ご興味のある方は、覗いてみて
ください。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%8D%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%AB

データ総研 コンサルタント